studio muddy blog 窯辺雑記



カテゴリ:ネコ( 6 )


祝!!決定看板娘!

 1月も半分が過ぎ、暦は「小寒」。
寒の入りと申しますが、先週続いた寒波も少し緩んだように思います。

そして七二候は、第六九候「雉始雊(きじはじめてなく)」。
雉も求愛の季節だそうです。
そして水仙もずいぶん咲いてまいりました。
b0176111_14451922.jpg

さて、前回ご紹介しました看板娘候補のヤタですが、
昨日無事にトライアル期間が終わり、当工房の看板娘に正式に就任致しました。
b0176111_14093867.jpg
本来なら最大2週間のトライアルのはずでした。
先週あたりに決定予定だったのですが、最終的に先方がこちらの生活環境を確認して
譲渡を決めるという取り決めの中、年末年始を挟み、先方との予定の折り合いがつかず、
1ヶ月近くも掛かってしまいました。
やきもきしておりましたが、ようやくホッといたしました。

ということで、今回は、少し新看板娘ヤタのご紹介をしたいと存じます。

まずは、このヤタという女子力低めな名前の由来ですが、
日本神話に登場する「八咫烏(やたがらす)」からいただきました。
八咫烏は、神武天皇を熊野国から大和国への道案内をしたとされる3本足のカラスで、
太陽の化身ともされているそうです。
有名なところでは。日本サッカー協会のシンボルマークになっております。
そんな縁起を担いで当工房を導く存在にと命名しました。

ところがよくよく調べてみると、この「八咫」という言葉、
実は、尺貫法でいう「咫(あた)」という長さの単位で、
親指と中指を直角に広げた長さ(15、6センチメートル)の8倍の長さということで
ここでいう八咫というのは単に大きいという意味らしいのです。

まぁなんとなくやっちゃった感は否めませんが、
耳も大きく手足も太く、そして尻尾も立派なので元気に大きく育ってくれることも
踏まえておこうと存じます。

性格は、人懐こくて好奇心旺盛で、超がつくほどのおてんばであります。
前回も報告しましたが、体の大きさが3倍もある先住看板猫「ムク」を
やりこめたりします。
b0176111_14081939.jpg
ヒットアンドアウェイが得意なヤタ。
一通り攻撃されてヤタが立ち去るとムクはこんな感じ。
b0176111_14075768.jpg
そしてその表情は、このようになっております。
b0176111_14074957.jpg
といってもこのところ日頃は、とても仲良くやってますけどね。
b0176111_14081036.jpg

そしてなんといってもチャームポイントは、耳にあります。
b0176111_14080363.jpg
この毛並みで尖った耳の形。
最初に見たときから気に入っております。

こんな新看板娘ヤタですが、これからも先住看板猫ムクとともに
ちょくちょく当ブログに登場すると思いますので、
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

そして本職のことももう少しアップできますように頑張ります・・・。











[PR]
by studio-muddy | 2018-01-17 15:23 | ネコ

小暑に佳境そして看板ネコの逃走

暦は小暑。
もうすでに日は短くなり始めておるようですが、暑さはこれからが本番。
七二候では、「蓮始開(はすはじめてひらく)」とのこと。
b0176111_13563382.jpg

当工房近くの蓮池では、最近では珍しいコウホネも咲き出しました。
b0176111_13584653.jpg

工房裏の畑では、かぼちゃの花もずいぶん咲いております。
b0176111_142258.jpg

畦に生える大葉にはこんなお客さんも。
b0176111_142261.jpg


さて、本展の作品の搬入も再来週に迫りいよいよ佳境を迎えております当工房ですが、
12日夜、看板ネコの「むく」が逃走いたしました。

普段はハーネスを着けてのみ外に出しておりましたが、何も着けずに一人で外に出るのは
初めてのことです。

気がついたのは、おそらくすでに逃走してから2時間くらい過ぎていたでしょうか。
姿を見かけないなぁと思っていて、風呂にでも入るついでに様子を見ようと思ったら
普段開けない2階の網戸が開いているのに気がつきました。

その瞬間、サーっと血の気が失せました。
ちょうどむくが通れるような間隔で開いております。

でもまさか、そんなところから出て行くまいと思い、普段よくいる場所から屋根裏部屋まで
探しましたが見当たりません。

どうやらそこが逃走経路のようでした。

それからすぐに餌入れと懐中電灯を持って、普段散歩で行きたがるところを隈なく
探しに出かけましたが、首輪に付けた鈴の音も鳴き声も聞こえません。
ましてや慣れない外なので、どこかの物陰に隠れていたでしょうし、
この暗闇では姿は見えません。

去勢済みでマーキングもせず、普段ハーネス付きでしか外に出たことないので、
迷子になっているのではないかと心配で心配でなんども同じところを探しましたが、
見つけられそうになかったので、外が明るくなってきたらまた探そうと
その晩の捜索は断念しました。

でも、もしかしたら帰ってくるかもしれない。
その時に気がつかないといけないと思い、普段散歩している工房裏が眺められる
リビングで明け方まで待つ覚悟を決めました。

その間もどういう公共機関に特徴を知らせておくべきかとか、近所に皆さんにも
事情を話して情報をもらおうかとか色々考えておりました。
そうしたら深夜3時くらいでしたでしょうか。
窓の外で鈴の音が聞こえたような気がしました。

急いで外を見てみると、そこにむくの姿が。

きっと慣れない冒険で緊張しているでしょうから、こちらが慌てて動くと
逃げてしまうかもしれません。

餌入れを振って音を出しながら、優しく声をかけながらゆっくり網戸を開けました。

しばらく怯えたように警戒しておりましたが、やがてゆっくりと入って来てくれました。

一気に安堵の気持ちと、むくに対する信頼が込み上げてまいりました。
そしてむくはと言いますと、顔中に蜘蛛の巣や小さいダンゴムシや埃を
いっぱい付けてきたものの、怪我もなくよほどお腹を空かしていたのか
餌を食べては水を飲み、餌を食べては水を飲みをしばらく繰り返し、
トイレで用を足し、その後よほど緊張していたのかしばらくは落ち着かない様子で
外の物音にビクついておりましたが、やがてぐったり。
b0176111_1515351.jpg

しばらくすると眠ってしまいました。

よほど疲れていたのか昨日も1日中眠っておりました。
b0176111_14582288.jpg

今日はようやく疲れも取れたようで元気に遊んでおります。
b0176111_1534127.jpg


でも外にはちょっと懲りているようです。
いったいどんな大冒険をしてきたのやら。

それにしても帰ってきてくれて良かった。
[PR]
by studio-muddy | 2016-07-14 15:08 | ネコ

小暑に佳境

暦は小暑。
もうすでに日は短くなり始めておるようですが、暑さはこれからが本番。
七二候では、「蓮始開(はすはじめてひらく)」とのこと。
b0176111_13563382.jpg

当工房近くの蓮池では、最近では珍しいコウホネも咲き出しました。
b0176111_13584653.jpg

工房裏の畑では、かぼちゃの花もずいぶん咲いております。
b0176111_142258.jpg

畦に生える大葉にはこんなお客さんも。
b0176111_142261.jpg


さて、本展の作品の搬入も再来週に迫りいよいよ佳境を迎えております当工房ですが、
12日夜、看板ネコの「むく」が逃走いたしました。

普段はハーネスを着けてのみ外に出しておりましたが、何も着けずに一人で外に出るのは
初めてのことです。

気がついたのは、おそらくすでに逃走してから2時間くらい過ぎていたでしょうか。
姿を見かけないなぁと思っていて、風呂にでも入るついでに様子を見ようと思ったら
普段開けない2階の網戸が開いているのに気がつきました。

その瞬間、サーっと血の気が失せました。
ちょうどむくが通れるような間隔で開いております。

でもまさか、そんなところから出て行くまいと思い、普段よくいる場所から屋根裏部屋まで
探しましたが見当たりません。

どうやらそこが逃走経路のようでした。

それからすぐに餌入れと懐中電灯を持って、普段散歩で行きたがるところを隈なく
探しに出かけましたが、首輪に付けた鈴の音も鳴き声も聞こえません。
ましてや慣れない外なので、どこかの物陰に隠れていたでしょうし、
この暗闇では姿は見えません。

去勢済みでマーキングもせず、普段ハーネス付きでしか外に出たことないので、
迷子になっているのではないかと心配で心配でなんども同じところを探しましたが、
見つけられそうになかったので、外が明るくなってきたらまた探そうと
その晩の捜索は断念しました。

でも、もしかしたら帰ってくるかもしれない。
その時に気がつかないといけないと思い、普段散歩している工房裏が眺められる
リビングで明け方まで待つ覚悟を決めました。

その間もどういう公共機関に特徴を知らせておくべきかとか、近所に皆さんにも
事情を話して情報をもらおうかとか色々考えておりました。
そうしたら深夜3時くらいでしたでしょうか。
窓の外で鈴の音が聞こえたような気がしました。

急いで外を見てみると、そこにむくの姿が。

きっと慣れない冒険で緊張しているでしょうから、こちらが慌てて動くと
逃げてしまうかもしれません。

餌入れを振って音を出しながら、優しく声をかけながらゆっくり網戸を開けました。

しばらく怯えたように警戒しておりましたが、やがてゆっくりと入って来てくれました。

一気に安堵の気持ちと、むくに対する信頼が込み上げてまいりました。
そしてむくはと言いますと、顔中に蜘蛛の巣や小さいダンゴムシや埃を
いっぱい付けてきたものの、怪我もなくよほどお腹を空かしていたのか
餌を食べては水を飲み、餌を食べては水を飲みをしばらく繰り返し、
トイレで用を足し、その後よほど緊張していたのかしばらくは落ち着かない様子で
外の物音にビクついておりましたが、やがてぐったり。
b0176111_1515351.jpg

しばらくすると眠ってしまいました。

よほど疲れていたのか昨日も1日中眠っておりました。
b0176111_14582288.jpg

今日はようやく疲れも取れたようで元気に遊んでおります。
b0176111_1534127.jpg


でも外にはちょっと懲りているようです。
いったいどんな大冒険をしてきたのやら。
[PR]
by studio-muddy | 2016-07-14 15:07 | ネコ

虹始見に大物制作とやれやれな1日

暦は清明。第十五候「虹始見(にじはじめてあらわる)」となりました。
このところ天気は崩れがちですが、一雨ごとに暖かさが増していくような気がします。
きっとそんな昔の人たちの経験から得た言葉なんではないでしょうか。
b0176111_14105643.jpg

このところは来月の個展の準備とともに本展に向けて
大物制作をしております。
b0176111_1411051.jpg

さてそんな中、昨日のことになりますが、例によってハーネスを着けて未だ匍匐前進で
移動中のムクを工房裏に出していた時のこと。
b0176111_1411224.jpg

普段はジリジリとしか移動しないため、ハーネスの端を持ってのんびり春の景色を
眺めていたのですが、突然ムクが猛ダッシュ。何かに飛びつきました。
ところが次の瞬間、何かに驚き逆方向にハーネスの紐が引き千切れるんじゃないかと
思うほどの猛ダッシュ。

何やら左前足を気にしております。
逃げ出す瞬間にチラリと見たのですが、どうやら黒スズメバチに刺されたらしい。

猫や犬は、その類の虫刺されには強いと聞いたことがありましたが、
とりあえずかかりつけの獣医さんに連絡しました。
ところがその日は休診で繋がりません。

ムクの左前足は、腫れ上がってきました。

はじめは舐めたり噛んだりして、はたまた歩く時は一歩ごとにプルプルと
前足を振りながら歩いたりしていて心配しましたが、
ものの1時間もしたらご飯をガツガツ食べて、また外に出たがります。

嫌がるところを何とか患部を見せてもらおうとしましたが、肉球あたりは何事もなく、
どうやら甲を刺されていたようです。
b0176111_1411483.jpg

応急処置として患部を流水で流し(お風呂が苦手なムクは、死ぬほど嫌がりましたが・・・。)、とりあえずは少し腫れているものの患部を触っても痛がる様子もないし、
食欲旺盛で元気に遊んでいるので、まずは経過を見ながら次の日に朝一で
獣医さんのところに連れて行こうと考えておりました。

ところが日も暮れて元気に遊ぶムクの左前足を見てみると腫れも引き、普通にしております。
今朝になっても気にすることもなく、懲りずにまた外に出たがっております。
どうやら前足の甲の毛のお陰で浅く刺されたようでした。

大事に至らず一安心。
b0176111_14264879.jpg

調べたところ、黒スズメバチはそれほど毒もないとのこと。
何はともあれ、やれやれな1日でありました。
[PR]
by studio-muddy | 2016-04-14 14:30 | ネコ

玄鳥至に三俣、そして匍匐前進

このところ随分暖かくなりました。
暦は清明。七二候は第十三候「玄鳥至(つばめきたる)」。

この辺りでもツバメを見かけるようになりました。
b0176111_15102167.jpg

桜もまさに今見ごろを迎えております。
b0176111_15102315.jpg

桃の花もだいぶ咲いてきております。
b0176111_15102671.jpg

そしてこの辺りでは、ちょっとすごい三俣の群生地でも
満開に咲き誇っております。
b0176111_15124557.jpg

この三俣群生地は、毎年圧巻の光景です。
b0176111_15125251.jpg

2年ぶりにやってきましたが、やはり圧倒的です。
b0176111_15103117.jpg


さてそんな中、当工房の看板ネコの「むく」がハーネスを着けて外出デビューしました。
このところ、あんまり外に出たがるので、工房裏に一緒に出てみたのですが、
この姿勢のまま、このざまです。
b0176111_15104229.jpg

移動する時は匍匐前進です(笑)。
そして方向転換は転がります(笑)。
b0176111_15104482.jpg


まぁ、わかっていたことですが、やはりオドオド加減、笑えます。
慣れるまでは、こんな感じが続くんでしょうね。

さっき帰ってきたばかりなのに、今も盛んに鳴いて外に出たいアピールをしております。
もう少ししたらまた匍匐前進散歩に付き合ってあげようと思います。
[PR]
by studio-muddy | 2016-04-08 15:32 | ネコ

菜虫化蝶頃に看板ネコのご紹介

前回の投稿から暦は雨水から啓蟄となり、七二候では
「菜虫化蝶(なむしちょうとなる)」となりました。

なるほど、朝晩はまだ冷えるものの、三寒四温を繰り返して日中などは
ずいぶん暖かくなり、冬眠していた爬虫類などの小動物が地中から這い出し、
さなぎで冬を過ごしてきた蝶などが羽化しそうに春めいてまいりました。

当工房の裏でもスノードロップが見頃を迎え、
b0176111_152273.jpg

土筆もだいぶ頭を出し始めました。
b0176111_15221072.jpg


その間と申しますと、前回の投稿後、熱がぶり返し3日間ほど寝込み、
その後は、先日の個展後の箱書きやお礼状制作、そして支部展の搬入、審査、図録の
写真撮影などを経て、そして次回の個展の打ち合わせなどをしておりました。
b0176111_1531152.jpg



さて、今回は、このところ話題にさせていただいておりました、当工房の看板ネコの
ご紹介をさせていただこうと存じます。
b0176111_1533762.jpg

昨年の4月に生まれて生後3週間ほどから当工房に看板ネコとして就任いたしました。
b0176111_15575692.jpg

名前は、「むく」と言います。
真っ白ないで立ちでありましたので、「純真無垢」の無垢から「むく」としました。
この名前を聞いて「あれ!?」と思われる方もいらっしゃると存じますが、
前任の「ムクさま」のご主人様にはきちんと了承をいただきましたので
どうぞご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

むくは、水を飲むのがヘタクソです。
水を飲むときは、大抵辺りは水浸しです。
b0176111_15434216.jpg

そしてすぐに冷蔵庫の下におもちゃという名のゴミを放り込んでは、冷蔵庫の下の
カバーを外しさばくりまくります。
b0176111_15452199.jpg

冷蔵庫の上もお気に入りの場所です。
我々を見下ろしては悦に入ってるように見受けられます。
b0176111_15484875.jpg

はたまたせっかく収納した梱包材の中に入りまくり散らかします。
b0176111_15473627.jpg

このところ、暖かくなってメジロなどの小鳥がたくさん来ていたり、
隣のおじさんが畑作業をしているので、窓外を眺めるのがお気に入りです。
b0176111_15523595.jpg

しっかり前足を揃えて一生懸命目で追っております。
b0176111_15544583.jpg

最近、ちょっと後ろ姿が大きくなってまいりました。
b0176111_15592716.jpg


これから当ブログに度々登場することとなると存じます。
ちょっと流行りに乗っかってる感が否めず少しシャクですが、
以後、お見知りおきのほどよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by studio-muddy | 2016-03-18 16:11 | ネコ


陶芸の話、日々の出来事やその他モロモロ・・・
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧