studio muddy blog 窯辺雑記



小暑に佳境そして看板ネコの逃走

暦は小暑。
もうすでに日は短くなり始めておるようですが、暑さはこれからが本番。
七二候では、「蓮始開(はすはじめてひらく)」とのこと。
b0176111_13563382.jpg

当工房近くの蓮池では、最近では珍しいコウホネも咲き出しました。
b0176111_13584653.jpg

工房裏の畑では、かぼちゃの花もずいぶん咲いております。
b0176111_142258.jpg

畦に生える大葉にはこんなお客さんも。
b0176111_142261.jpg


さて、本展の作品の搬入も再来週に迫りいよいよ佳境を迎えております当工房ですが、
12日夜、看板ネコの「むく」が逃走いたしました。

普段はハーネスを着けてのみ外に出しておりましたが、何も着けずに一人で外に出るのは
初めてのことです。

気がついたのは、おそらくすでに逃走してから2時間くらい過ぎていたでしょうか。
姿を見かけないなぁと思っていて、風呂にでも入るついでに様子を見ようと思ったら
普段開けない2階の網戸が開いているのに気がつきました。

その瞬間、サーっと血の気が失せました。
ちょうどむくが通れるような間隔で開いております。

でもまさか、そんなところから出て行くまいと思い、普段よくいる場所から屋根裏部屋まで
探しましたが見当たりません。

どうやらそこが逃走経路のようでした。

それからすぐに餌入れと懐中電灯を持って、普段散歩で行きたがるところを隈なく
探しに出かけましたが、首輪に付けた鈴の音も鳴き声も聞こえません。
ましてや慣れない外なので、どこかの物陰に隠れていたでしょうし、
この暗闇では姿は見えません。

去勢済みでマーキングもせず、普段ハーネス付きでしか外に出たことないので、
迷子になっているのではないかと心配で心配でなんども同じところを探しましたが、
見つけられそうになかったので、外が明るくなってきたらまた探そうと
その晩の捜索は断念しました。

でも、もしかしたら帰ってくるかもしれない。
その時に気がつかないといけないと思い、普段散歩している工房裏が眺められる
リビングで明け方まで待つ覚悟を決めました。

その間もどういう公共機関に特徴を知らせておくべきかとか、近所に皆さんにも
事情を話して情報をもらおうかとか色々考えておりました。
そうしたら深夜3時くらいでしたでしょうか。
窓の外で鈴の音が聞こえたような気がしました。

急いで外を見てみると、そこにむくの姿が。

きっと慣れない冒険で緊張しているでしょうから、こちらが慌てて動くと
逃げてしまうかもしれません。

餌入れを振って音を出しながら、優しく声をかけながらゆっくり網戸を開けました。

しばらく怯えたように警戒しておりましたが、やがてゆっくりと入って来てくれました。

一気に安堵の気持ちと、むくに対する信頼が込み上げてまいりました。
そしてむくはと言いますと、顔中に蜘蛛の巣や小さいダンゴムシや埃を
いっぱい付けてきたものの、怪我もなくよほどお腹を空かしていたのか
餌を食べては水を飲み、餌を食べては水を飲みをしばらく繰り返し、
トイレで用を足し、その後よほど緊張していたのかしばらくは落ち着かない様子で
外の物音にビクついておりましたが、やがてぐったり。
b0176111_1515351.jpg

しばらくすると眠ってしまいました。

よほど疲れていたのか昨日も1日中眠っておりました。
b0176111_14582288.jpg

今日はようやく疲れも取れたようで元気に遊んでおります。
b0176111_1534127.jpg


でも外にはちょっと懲りているようです。
いったいどんな大冒険をしてきたのやら。

それにしても帰ってきてくれて良かった。
[PR]
by studio-muddy | 2016-07-14 15:08 | ネコ
<< 告知:山咲木・はじめの一歩展 小暑に佳境 >>


陶芸の話、日々の出来事やその他モロモロ・・・
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧