studio muddy blog 窯辺雑記



窯出しと乗り上げた暗礁

今日は、昨日まで焚いていた窯から窯出し。
毎度思うことですが、窯から出してすぐの作品はどうもピンときません。
・・・というより、ほぼ八割方ガッカリというパターンが多い・・・。
・・・っというのもたいてい焼成中に「ああなってるといいな」とか
「こうなってるといいな。」などと、どんどん都合の良いように
いいイメージを頭の中で作り上げてしまう・・・。
そして良くも悪くも焼成後のそのイメージとのギャップ。
製作中、手の届かない窯の中で姿を変える陶芸の特性なので
しょうがないことなのですが、未だにその感覚に慣れません・・・。

今回の作品も自分の狙いとは別に、いいんだか、ぱっとしないんだか・・・。
2、3日眺めてみないことには自分の中で消化できません。
・・・なので完成品の写真は、別の機会に。

それにしても困ったのは、釉薬のテストが暗礁に乗り上げてしまったこと・・・。
このところ良い感じで完成間近だったのに、テスト用に小分けしていた原料と
新しく仕入れた原料がまったく違う焼き上がりになってしまう・・・。
これも自然の素材を扱うという陶芸の特性ではあるのですが、大きな課題です。
例え同じところで購入しようと仕入れの時期が変わってしまうと変化してしまう。

鉱物もそうですが、特に木灰は同じ種類の木の灰でも 育った場所などで成分が
変わってしまう。土灰といわれる雑木の灰にいたっては、どんな種類がどの割合で
入ってるかでまた変わってしまう。

見た目が同じでも成分までは分析にでもかけるか、焼いてみないことには
わかりませんから・・・。
う〜ん、しかしどうしたものか・・・。
by studio-muddy | 2009-08-07 23:50 | 制 作
<< 秋の予感と展覧会 明日は、初窯。 >>


陶芸の話、日々の出来事やその他モロモロ・・・
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧