studio muddy blog 窯辺雑記



タグ:私的トンチ技法 ( 6 ) タグの人気記事


窯を焚きながら、私的トンチ技法小ネタ集「削り土の再生」そして再び「Fried Pride」

工房裏では、先日今年の十薬(ドクダミ)第1号が咲いていました。
b0176111_0132283.jpg

本日は、窯を焚いております。
ただいまAM4:05。さきほど温度のチェックして1095℃、
残すところあと10時間ほど。
制作作業の手を休めて、休憩がてらPCに向かっております。・・・うぅ〜ネムッ・・・。

さてさて、私的トンチ技法小ネタ集。
今回は、ロクロなどにおける「削り土の再生」です。
このやり方、てっきり皆さんやっていらっしゃるかと思いきや、聞いてみると意外と
そうでもないようなのでご紹介いたします。

このやり方、土もので、趣味としてご自宅で陶芸をされている方、土練機を
お持ちでない方、何種類も土を使ってらっしゃる方にオススメです。

そして、毎度くどいようですが、あくまでも「私的」でありますのでこれが正解という
訳ではありません。ご了承いただいてご購読いただければさいわいに存じます。


b0176111_2330335.gif工程1
削った土をバケツなどの容器で
ビニールを掛けて乾かないようにして
溜めておいてやります。

b0176111_23302834.gif工程2
ある程度削り土が溜まったら、練り台
に開けて、そこにロクロをひいたとき
に手桶に溜めておいたドベ(泥)を
掛けます。
ドベは、粘土のきめの細かい成分
なので、水で戻すよりもこうした方が
元の感じに近く再生できます。

b0176111_23304629.gif工程3
あとは様子を見ながら適当に水分を
回してやって、ひたすら練ります。

b0176111_23305943.gif工程4
ひたすら練ります。
水分がしっかり回ってくると
ちゃんとまとまってきます。

b0176111_23311653.gif工程5
そして練り上がり。
ちゃんとまとまります。

b0176111_23312756.gif工程6
さすがにすぐには扱いにくいので、
しばらくビニール袋に入れて寝かして
おきます。
暖かい時期なら1週間くらい、寒い
時期なら2週間くらいで使えるように
なります。
このやり方なら、くず土もそれほど
溜めてしまうこともなく、再生も
楽ちんです。



そして眠い目を擦りながらPCに向かい聴いているのは、
b0176111_4162232.gif

最近お気に入りのFried Prideのファーストアルバム「Fried Pride」。

決して、メジャーとは言い切れない「Fried Pride」。
この10年前にリリースされたアルバムをいくら探しても見つけられない
小生の代わりに、音楽仲間の友人が、機転を利かせたルートで捜索し、
しかもプレゼントしてくれました。感謝。感謝です。

このジャケットからは想像出来ないパワーとテクニックとパフォーマンス。
知らなかったらぜったいジャケ買いしていなかったと思う・・・。
これに入っている「Jampin' Jack Flash」のカバーに惚れ込んで
このところよく聴いております。
[PR]
by studio-muddy | 2010-05-25 04:24 | 私的トンチ技法

私的トンチ技法小ネタ集(水滴などの口)

近所の里山に自生している「風車」。
最近では珍しいようです。
b0176111_011148.gif

それにしても、今年の気候はどうも過ごしにくい。
朝晩の寒暖の差は激しく、雨が降ったと思えば強風のおまけつき。
暑い日がきたと思えば、今日のように寒くなる。
うぅ・・・、身体がついていかん・・・。

さて、何はともあれ久々の私的トンチ技法。
今回は、小ネタで「水滴などの口」をお贈りいたします。
毎度のことで恐縮ですが、これは、あくまで「私的」でありまして、これが
正解ということではありませんのでご了承いただいてご講読くださいませ。


b0176111_0245697.gif工程1
さて、今回は、いわゆる小さい
注ぎ口造りですが、小生は
竹串を使用します。
このやり方は、けっこうやって
いらっしゃる方も多いのではと
思いますが・・・。

b0176111_0252051.gif工程2
粘土で小さい玉を作って・・・。

b0176111_0254386.gif工程3
竹串にブスッと刺してやります。

b0176111_026859.gif工程4
そして指先や机を利用して薄く
伸ばしてやります。
このとき竹串の尖った方を気持ち
厚めにします。

b0176111_0262765.gif工程5
伸ばしてやったら、安全剃刀を
(鋭く切り離すのにこれが良い!)
使って前と後ろをスパッと
きれいに切ってやります。

b0176111_0264991.gif工程6
切った後はこんな感じ。

b0176111_0271533.gif工程7
竹串の尖った側の断面にドベを
塗ります。
このときなるべく竹串にドベが
着かない方が、あとあとらくちん
です。

b0176111_0274594.gif工程8
そうしたらボディにグサリと刺して
やります。
このときに竹串だと粘土の水分を
適当に吸っていてくれるので、
土離れが良くなっているはず
なので、竹串だけ余分にもう少し
押し込んでください。

b0176111_0281868.gif工程9
このまま竹串を刺したまま接着部分
を仕上げます。
口先の角度などが気に入らない
ときは、この状態でもう一度剃刀で
仕上げます。

b0176111_0283323.gif工程10
そして様子を見ながら慎重に竹串を
クルクル回しながら抜いてやれば
完成です。

b0176111_0284648.gif完成!!
竹串を抜いた後は、一応空気を
吹き込んで、ちゃんと抜けているか
確認することをおすすめいたします。
今回は、水滴でしたが、醤油さし
などにも応用出来ます。
ただし、醤油さしのときは、もう少し
太い串(箸)などでやらないと
すぐに詰まってしまいますので
ご注意を。
[PR]
by studio-muddy | 2010-05-14 00:15 | 私的トンチ技法

私的トンチ技法(ロクロを用いた陶板)とThe Planets

さてさて、今は絵付け真最中なのですが、
今回は私的トンチ技法、「ロクロを用いた陶板」です。

毎度のことで恐縮ですが、あくまで「私的」なので、これが正解ではありません。
うまくいかないなぁ・・・とか、もっと要領よくできる手段はないか・・・など
切羽詰まって、お困りで、興味をお持ちになりましたらお試しください。

陶磁器で平らなものを造ろうとすると普通にタタラで作ったんでは
乾燥のときや焼成のときに歪んでしまう・・・。
このようなときには、世にはセラ・ローラーなる機械がありますが、
安いものでもありませんし、けっこうな場所もとってしまいます。
また、紐造りなんていう手段もありますが、たくさん作りたいときには
けっこう時間がかかってしまいます。
そこでロクロを利用します。

今回は、45cm×25cmで厚みが1cmぐらいのものを作ります。


b0176111_0143268.gif工程1
まずは、板の上にで筒を引きます。
今回は、45cm×25cmで厚みが1cmが目標なので
余裕をもってθ20cm×h27くらいで約2cmの厚みで
引きます。


b0176111_0144938.gif工程2
底まで穴を開けちゃいます。
覗き込むと板が見えます。
なるべく同じ厚みが理想ですが、
後でタタラで厚みを揃えますので
あまり神経質にならなくても大丈夫です。


b0176111_015667.gif工程3
ロクロからはずして次の工程へ。
底を切り離して、胴にも縦に
切り込みを入れます。


b0176111_0152268.gif工程4
切り込みをいれた反対側に出来上がりより
大きい板をあてがいます。
そして・・・、


b0176111_0153529.gif工程5
丸板の下をもってそのままゆっくり長板と
ともに傾けると長板の上に、ダラ〜っと
広がります。
今、上を向いているのが内側だったことに
なります。
最小的には、外側を表にしたいので
忘れないようにしてください。


b0176111_0154990.gif工程6
タタラ板を使って厚みを揃えます。
最初は2cmの厚みでしたので
内側が上になっているときに1.5cmに
次に裏返して1cmにします。


b0176111_01649.gif工程7
このとき、外側だった方が上に
なっています。
さて、ポイントです!
この状態の段階でロクロ成型なので
横方向(長辺を横として)には、均一に
素地はしまっているのですが、縦方向の
締めが甘いので、ここで一度固めの
プラスチック板などを使って縦方向にも
しっかり土を締めます。



b0176111_0161861.gif工程8
裏返して内側だった方も同じように
締めます。
これの工程は、乾燥時や素焼き時に
最初の筒の形の状態に巻き戻ろうと
するのを抑えるためですのでしっかり
やりましょう。


b0176111_0163162.gif工程9
ここまで出来ましたら、一日寝かせます。
下に新聞紙を敷いてムロなどで(ムロが
無ければビニールなどを掛けて)ゆっくり
乾かします。


b0176111_0164544.gif工程10
適度(軽く指で押しても変形しない程度)
に水分が抜けたらもう一度、プラスチック
板を使って今度は全体を締めます。
それとともに表面をきれいに慣らします。


b0176111_017158.gif工程11
裏面も同じように締めます。
ちなみに今は、裏にしたい内側が
上面にきています。


b0176111_0171923.gif工程12
さて、ここで余分なところをとって
好みの形に切りとります。
今回は、45cm×25cmにします。


b0176111_0173899.gif工程13
焼き上がりの強度のために角を
落とすのも忘れずに・・・。


b0176111_0175513.gif工程14
全部の角を落としたら裏返して
外側だった方を上面にしてすべての
角の面取りをしてやります。


b0176111_018983.gif工程15
これで出来上がりです。
なぜロクロ成型時の外側を
上面にすることにこだわるのかと
いいますと、途中工程8にも記述
しましたが、筒の形に巻き戻ろうと
するのを抑えるためでした。
これを応用して長皿などを作る時は
内側を上面にくるようにしてやれば
よいのです!


b0176111_0182376.gif工程16
後は、以前アップしました「私的トンチ技法(陶板
紐通し穴)」編を参考にしていただいて、紐通しを
作ってゆっくり乾かせば完成!!


一度にたくさん作りたいようなときは、3枚〜5枚分ほどの厚みぐらいなら
ロクロ成型でしっかり締まるようです。
また、短いものを作りたいときに最初の筒をこさえるときに、あまり直径の小さい
ものを引いてしまうと、巻き戻る力が強くなってしまいますので、
大きめのものを作って切るといいようです。
例えば縦30cm、横8cm、厚み0.7cmの短冊型なら
直径25cm高さ18cm厚み1.5cmぐらいの筒をロクロで引いて
8枚とるみたいな・・・。

さてこの陶板、実はもう素焼きが上がって下絵付けをしております。
さてさて、どんなふうに焼き上がるのでしょう。

そんな絵付けをしながら聴いていたのは・・・、
b0176111_0542073.gif

David Lloyd-Jones 「ホルスト:組曲「惑星」」
[PR]
by studio-muddy | 2010-02-11 01:04 | 私的トンチ技法

私的トンチ技法(ロクロを用いた多面陶匣後編)とマダムQ

今日も快晴です。
b0176111_1729242.gif

日中は過ごしやすい一日となりました。
明日は、少しくずれるようですが・・・。

さて、前回の続き、『私的トンチ技法/ロクロをを用いた多面陶匣』の仕上げ編です。


b0176111_23404478.gif前回は、この状態で削れる頃合いに
なるまで感想させてありました。
ここからまずは形の仕上げを
していきます。

b0176111_1351264.gif工程13
この状態は密閉されています。
これから外側から叩いたり撫で
付けたりするので、中の空気を
逃がすために小さな穴を開けます。
けっこうポイントです!


b0176111_2341528.gif工程14
道具はやりやすいものでかまいません
が、密度の濃い金属などのほうが、
良いように想います。
小生はこのようなものを使っています。


b0176111_23412234.gif工程15
これらの道具を駆使して、角を
しっかりたてて、面もだします。
このとき面にとらわれるより、
角さえしっかりまっすぐたてれば
形はきちんと見えてくるように
思われます。


b0176111_23415466.gif工程16
まぁ、だいたいこんなぐあい・・・。
そしてこのとき出してやった面に
墨汁か赤インクで縦線を1面とばしに
1本、2本、3本、4本と書いておきます。


b0176111_23431271.gif工程17
次に胴の真ん中辺りより少し下の
ところで切り離します。
なぜ真ん中より下か?
それは上部には外から見るよりも
けっこうな厚みがあるからなのです。
切るときは、タタラ板などをガイドに
すると水平に切ることができます。


b0176111_23433160.gif工程18
こんな具合・・・。
先ほど書いた縦線、こうして切り離した
後で、どこがどの面だったかわかる
ための印だったのです。
このとき工程13で開けた穴をふさいで
おきます。


b0176111_222467.gif工程19
そして底面も内側の接地面も
木ベラなどをつかって継ぎ目を
しっかりつぶします。


b0176111_23435731.gif工程20
次に「オトシ」の部分に取りかかります。
上下どちらにやっても特別な決まりは
無いようですが、小生は乾燥の方法の
理由などで下の方が縮みやすいよう
なので下側を切り込みます。
切るときは、口の厚みの真ん中を、
進んでいく1cm先を見ながら形に
そってフリーハンドでやります。
だいたい深さは5mm程度。


b0176111_23442092.gif工程21
縦の切れ込みが出来たら内側の上面に
先にキズをつけてから横の切れ込みを
いれます。
このときもフリーハンドです。
あまり深いとあまりかっこよくないので
より集中力と注意が必要です。

b0176111_23444261.gif工程22
ちゃんと切り離せたことが確認できたら
そのまま切り離さずに、先ほどキズを
付けた部分にドベ(泥)をはみ出さない
ように塗ります。


b0176111_2345473.gif工程23
そうしたら上部分を下部分とずれない
ようにのっけて、少し上からおさえてから
もう一度はなすと・・・。
なんと上部にくっついてきます。
しかも合わせ目に置いたままくっつけた
ので、合わせ目はばっちりです。


b0176111_2345201.gif工程24
継ぎ目をしっかりおさえて面取り
などをほどこして「オトシ」ぶぶんを
仕上げます。


b0176111_23461159.gif工程25
合わせてもこのとおりです。


b0176111_23462890.gif工程26
削りの工程までしばし乾燥です。


b0176111_23464733.gif工程27
さあ、削りです。
肩のところから上面までつながる形に
するようけずります。


b0176111_2347587.gif工程28
削り上がりはこんなぐあい・・・。


b0176111_23472125.gif工程29
そして最後にロクロで回しながら
削り目にスポンジなどで水を含ませて
からプラスチック板やゴムベラなどで
なでて表面を仕上げます。
・・・というわけで完成。



ロクロ成型なので胴部分全体が均一に締められてることや、
上部と下部のつなぎ目の部分の土のしまり具合が同じなので
よほどのことがないかぎり歪むことはないと思われます。

興味のございます方は、是非おためしあれ!

天気も良く暖かかった、そんな本日。
作業中聴いていたのは・・・、
b0176111_2238258.gif

ゴンチチの「Legacy Of Madam Q(マダムQの遺産)」。
小春日和に心地好いゴンチチ・サウンド。
竹中直人の初監督映画「無能の人」にも使われていたようです。
[PR]
by studio-muddy | 2010-01-27 22:46 | 私的トンチ技法

私的トンチ技法(ロクロを用いた多面陶匣)とAnn Sally

さてさて、私的トンチ技法第2回、「ロクロを用いた多面陶匣」の前半。
これは、あくまで「私的」でありましてこれが正解ということでは
ありませんのでご了承いただいてご講読くださいませ。

さて、今回の「多面の陶匣」。タタラの張り合わせであったり、手捻りであったり
分厚くロクロ成型して削り倒したり、塊から削り出したりと方法は
いろいろあるとはおもうのですが、歪みやすかったり、削り目が嫌だったり
するので、小生は今回ご紹介する方法で作っています。


b0176111_22152676.gif工程1
ロクロで少し厚めの垂直に立ち上がった
低めの鉢らしきものを引いて均等に
8カ所しるしを付けます。


b0176111_22154361.gif工程2
その8箇所を角にして八角形に変形します。
このときあまり角を押し出してそまうと
あとで合わせの部分で「切れ」が発生して
しまうことがあるので、角を押し出す
というより角を固定して面をつくる感覚の
方が良いと思われます。


b0176111_22164648.gif工程3
この状態で、水気が引くまで置いておきます。
(触ってもべとつかない程度)

b0176111_22174718.gif工程4
さて、次に底の部分にあたるものを
造ります。
今回は小さいものなので手回しロクロを
使います。大きなものを造るときは、
電動ロクロを使っています。


b0176111_22181676.gif工程5
まず手の平で叩いて平らにしてやります。
そしてコテやヘラなどを使って表面を
しっかりならしてやります。


b0176111_2219155.gif工程6
さて、次に最初にロクロ成型したものの
口に櫛目を入れてやります。


b0176111_22201616.gif工程7
その部分にドベ(泥)をしっかり塗ります。


b0176111_22193248.gif工程8
さきほど作った底の部分に大体真ん中に
くるようにふせて乗っけて、潰れない程度
にしっかり抑えてくっつけます。


b0176111_22212576.gif工程9
余分なはみ出た部分はいらないので
剣先などを使って切り込みをいれて・・・。


b0176111_2222055.gif工程10
とりのぞきます。
余分な部分の下に刃物を少し
いれれば簡単に取り除けると
思います。


b0176111_22223045.gif工程11
ロクロから切り離し、継ぎ目が見えなく
なるようにしっかりくっつけてやります。


b0176111_2223483.gif工程12
この状態で削れる固さになるまで置いて
おきます。

今回はここまで。次回の仕上げに続きます。

そしてこの作業中聴いていたのは・・・、
b0176111_23244047.gif

Ann Sally「Moon Dance」。
ジャズやボサノバのカバーや「蘇州夜曲」、「星影の小径」などの馴染み深い唱歌
などが入ったアルバムです。

澄み切った歌声が心地好いこのAnn Sallyは、在日韓国人にして
現役心臓外科医という特異な経歴の持ち主。
つくづく天は二物を与えるものなのか・・・、と少々やっかみを感じてしまいます。
[PR]
by studio-muddy | 2010-01-26 23:38 | 私的トンチ技法

私的トンチ技法(陶板紐通し穴)とグラミー・シンガー

大寒を過ぎたというのに暖かかったり、また急に寒くなったり、
このところの気候に閉口するこのごろ・・・。

そんな中の制作から記録を兼ねて、人からの情報と自分なりに工夫した
ちょっとした裏技的技法を紹介しようと思います。

今回は、陶板などの紐通し用の穴の開け方・・・。
いろんなやり方があると思いますが、いろいろ試した中、こんな方法もあります。

b0176111_232558.gif工程1
まずは、通し穴をあけるところを
掻き出しベラなどで彫って
やります。


b0176111_2331328.gif工程2
同じ要領で2カ所やります。


b0176111_2333677.gif工程3
さて、ここでポイントとなる
竹串を短く切ったものと
新聞紙を竹串の幅に裂いたもの


b0176111_2335641.gif工程4
新聞紙片を竹串に巻いて
やります。


b0176111_2341485.gif工程5
これを陶板のほったところの
真ん中に置いて、その両壁に
ドベを塗ってやります。


b0176111_2342960.gif工程6
その部分に粘土をのせて
隙間にしっかり入るように
ギュウギュウ詰めてやります。


b0176111_2344447.gif工程7
しっかり隙間まで詰めたら表面を
ならしてやります。
このとき多少はみ出しても
後でいらない部分は簡単に
取り除けますので、しっかり
ならしてやります。


b0176111_235058.gif工程8
竹串の長さに切れ目を入れて
いらない部分を細い刃物の
ようなもの(剣先など)を使って
取り除いてやります。
このときはみ出した部分には
ドベが付いてないので
簡単にとれます。

b0176111_2351663.gif工程9
そしてここがポイント。
なにか細いモノを使って竹串を
押し出してやります。
少し引っ掛かりがあっても
両側からゆっくり押してやると
スッと抜けます。


b0176111_2353152.gif工程10
新聞紙が適当に水分を吸って
くれるので竹串は簡単に抜けます。
このとき竹串を抜いておいて
やらないと乾燥のとき素地の
収縮でせっかく作った紐通しに
ヒビが入ってしまうので必ず
抜きましょう。
新聞紙は、残しておいても素焼き
のときには焼けて灰になって
しまうので大丈夫です。


b0176111_236182.gif工程11
これを2カ所両方やってやれば出来上がり
です。


さて、こうした出来た陶板何を描いてやろうか・・・。次の展覧会は、4月。
夏のモチーフ中心ということになりましょうか。

こうして地味な作業をしながら聴いていたのは、
b0176111_23565445.gif

グラミーシンガーNorah Jonesの「Come Away With Me」。
ゆったり大変良いアルバムなのですが、どうしてもジャズ部門で
グラミーをとったのが腑に落ちないのでした・・・。
[PR]
by studio-muddy | 2010-01-22 00:03 | 私的トンチ技法


陶芸の話、日々の出来事やその他モロモロ・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧