studio muddy blog 窯辺雑記



タグ:タイ旅行 ( 6 ) タグの人気記事


いまさらタイ旅行記最終回 8/31王宮周辺

暑っつい時期に行ったタイ旅行。
早くやらなければと思いつつ、気付けば師走。冬になってしまいました。
細かい記憶はもう既に曖昧・・・。
なんとか年内に旅行記を終わらせなければ・・・。

・・・っとういわけで、タイ旅行記最終回。
8/31(月)、この日はもう何度も行っているということで、姪っ子甥っ子兄弟は
近所のお友達と遊ぶそうで兄が1人でお迎えに。
9:00にホテルロビーで待ち合わせ。この旅行中お世話になりっぱなしの
運転手トイさんの運転で出発です。

最終日は、王宮周辺を散策。
まずは、王宮の敷地内にある王室専用の寺院ワットプラケオ。
本尊であるエメラルド色をした翡翠の仏像にちなみ、「エメラルド寺院」
と呼ばれています。
b0176111_22173538.gif

アユタヤ様式の本堂も、ラマ1世がエメラルド仏のために建立したもので、
ほかに、三蔵経を納めたタイ様式の塔や、仏舎利を納めたスコータイ様式の
金色の塔、カンボジアにあるアンコールワットの精巧な模型など、
歴代の王の建造物が見られます。

これが、本堂・・・、
b0176111_2342243.gif

壁から柱にいたるまでキンキラキン、
b0176111_2345572.gif

b0176111_22242363.gif

金色の仏様が手を合わせています・・・
b0176111_22243913.gif

b0176111_2352062.gif

本堂裏側・・・、
b0176111_2353771.gif

もともと王室専用の寺院でタイで最も格調の高い寺なので、
肌の露出の多い半ズボンやタンクトップ、サンダルでは見学できません。

回廊には神話「ラーマキエン」が178の場面にわたって描かれています
b0176111_23353564.gif

b0176111_23355527.gif

門を入ってすぐにある、この巨大なヤック(鬼)は、
王を守る正義の味方だそうです。
b0176111_22251382.gif

もとはヒンドゥー教の「ヤクシャ」で、日本では「夜叉」と呼ばれ、
人を食う恐ろしい鬼を指そうです。日本の仁王門の仁王の様に仏堂の入口に
ペアーで立っている。毘沙門天の配下であり、魔よけの役目を
担った門の番人でもあるそうです。

きれいに咲いている蓮の花。さすが仏教の国。
b0176111_22245491.gif


黄金の仏舎利殿プラ・シー・ラタナー・チェディ
b0176111_22163170.gif


プラサート・プラ・デッピドン(御堂)
b0176111_23342590.gif

b0176111_23345025.gif

壁に施された金箔と色ガラスのモザイク細工
b0176111_22175122.gif

入り口を守る蛇(ナーク)
b0176111_22172179.gif

門を番する神様
b0176111_22215619.gif

ガンダーラ仏まで台座はキンキラキン。
b0176111_22221422.gif


プラ・ウィハーン・ヨット
b0176111_22164745.gif

すごい屋根飾り
b0176111_2217448.gif


ドゥーシット・マハー・プラサート宮殿。
b0176111_23351590.gif

暑い中、衛兵さんががんばって立っています。
b0176111_22192140.gif

ちょっと怖いカメラ目線。睨まれちゃいました。
b0176111_22193627.gif

宮殿の屋根には金色の神の細工が・・・、
b0176111_2220846.gif


これが王室の専用車なのだそうです。偶然駐車してありました。
b0176111_22184040.gif

さすが、ナンバーはゾロ目の1並び。
b0176111_22185612.gif

ちょうどこのころ体調を崩していらした王女様を心配して写真を飾って花を
たむけていました。
b0176111_22195174.gif


さあ、そして寝釈迦で有名なワットポー(寝釈迦寺)。
b0176111_2224541.gif

1788年にラーマ1世によって建立されたバンコク最古の寺院。
学問修行の施設として建てられ、タイ式マッサージの総本山なのだそうです。
それにしても、なんともおおらかな表情をされています・・・。
b0176111_2223919.gif

枕も豪華絢爛・・・、
b0176111_22232676.gif

それにしてもデカイ・・・。むこうがかすんで見えます。
b0176111_2223471.gif

足の裏には見事な螺鈿細工でバラモン教の真理が書かれています。
b0176111_22211922.gif

b0176111_22213610.gif

ところどころ屋根の修復をしていました。
b0176111_2222508.gif

使われる屋根瓦・・・、
b0176111_2220377.gif

いくらか支払うと願い事を書かせてくれるそうです。
b0176111_22205816.gif


王宮を後にして出口を出るとそこにネコを発見。
b0176111_22182322.gif

暑い国だからでしょうか?少々薄毛で細見に感じます。
露店から食べ物をもらっているようでヒモジイ思いはしていないようですが・・・。

最終日は、観光はこれで引き上げ。
このあと兄家族と合流して、昼食へ。あれっ?何食べたっけかなぁ・・・?
その後、はじめて兄宅へ。
そこからのバンコク市内の窓景。
b0176111_22181096.gif

高層ビル群が立ち並ぶ大都会でした。

そしてそのあとは夕方までお茶などをいただきながら、
なんだか久しぶりに家族そろって団欒・・・。

日が傾きだしてからバンコク最後の土産のお買い物。

そして21:00これで最後のトイさんの運転。バンコク・スワンナプーム国際空港へ・・・。
兄家族に見送られ、これでバンコクとももうお別れです。

最初は、全然乗り気ではなく、まったく予備知識もなく行ったタイ。
途中、デモの噂などもありどうなることかと思いましたが、
でも振り返ってみると、たのしかった、たのしかった!!
貿易を通して西洋・東洋の文化が複雑に交差するタイの文化、
好奇心くすぐられまくりでした。
興味深いことばかり。しっかり予習をして、また是非もう一度行ってみたいです。

この旅行中、休暇をとってくれて観光案内してくれた兄、そしてそのご家族。
終日運転手をしていただいたトイさん、そしてこの旅のアドバイスを
いろいろしていただいた旅行代理店のF谷さんに感謝感謝です。
[PR]
by studio-muddy | 2009-12-10 00:07

やっとこさタイ旅行記3日目後半

さてさて、3日目、8/30午前中の続き。
『スアン・パッカード宮殿』を後に、次は『ジム・トンプソン・ハウス』へ。
b0176111_20465225.gif

この『ジム・トンプソン』なる人物は、1906年生まれのアメリカ人の元建築家です。
第2次世界大戦中、終了間際にタイに派遣され、終了後もタイに永住し、
そして手織りシルクに興味を持ち、自らもデザイナー・染織家として才能を
発揮し、プリント模様のシルクを生み出し、タイ土産の代名詞であるタイシルクの名を
世界に広めたのだそうです。
その彼が、1967年にマレーシアで謎の失踪を遂げる直前まで、住居としていたのが、
この『ジム・トンプソン・ハウス』なのだそうです。
今は、家屋を博物館として公開しています。
b0176111_20471523.gif

チーク材を用いたタイ北部の伝統建築様式の建物は、アユタヤやバンコク郊外の
村々から移築された6軒を建築家だった知識を活かし自ら集合合体させて
建てられたそうです。
b0176111_20474584.gif

この頃、雨もあがって日が差してきました。
こちらもとても美しい庭です。
b0176111_20475946.gif

こんな洒落た睡蓮の生け方も・・・、
b0176111_20481310.gif

ここは、グループごとに日本語が話せる現地のガイドさんが付いてくれます。
我々のグループには、日本文化を学んでいる大学生が、付いてくれました。

30分程の待ち時間があったので、その間退屈している甥っ子・姪っ子に広告で折った
折り紙をくれのですが、チビ2人は照れからかあまり反応が良くなく、こちらの方が
興味をそそられてしまいました。
これが中々手の込んだもので、小物入れ(サイフ?)的なものとコマを折ってあって、
いったいどう折ってあるものなのか??
折り紙は、てっきり日本のものと思い込んでいたので、新鮮な驚きでした。

ここもやはり館内の撮影は禁止でしたが、玄関から客室、居間に展示されていた
タイで最初の地図や、個人で収集しや仏像や家具、実際使用していた景徳鎮で
焼かれた王室用の食器などの古美術品のコレクションは、それはすごいものがありました。

さて、昼食。
この施設内にある洒落たカフェレストランでの昼食です。
メニューには色々あったのですが、どれもよくわからず、ランチコースで
4種類くらいのものがあったので、その中から選んでみました。
b0176111_20484617.gif

パット・タイというタイ風焼きそばと柑橘類の実をほぐしたようなサラダ。
なかなか日本では馴染みの無い感じ・・・。
タイの気候にあっていて、あちらでいただくには美味しかったです。

その後、施設内にある自らの名を冠した『ジム・トンプソン』ブランドのショップで
お買い物。
あまり日本では見かけませんが、『ジム・トンプソン』といえば、タイ・シルクの最高級
ブランドとして世界的に名高く高い人気を誇るっているらしい。

『ジム・トンプソン』ブランドのブティックは、バンコク市内をはじめとしたタイ国内
だけでなく、日本や母国のアメリカ、イギリスなど世界各国に展開しているんだ
そうだ。

さて、『ジム・トンプソン・ハウス』を後にして、午後は『タイ国立博物館』へ。
b0176111_22434535.gif

もともとは副王のための美しい タイ様式の建物が集まった宮殿であったそうです。
今でも中に、ブッタイサワン礼拝堂があり、シヒン仏が祀られている。入場券は、
このお寺への入場券もかねている。1874年、ラマ5世 がその前の王 ラマ4世の
王室コレクションの展示のために造った博物館に始まり、1926年に、バンコク博物館
となり、1933年に 国立博物館となり現在に至っているそうです。
b0176111_224439.gif

ここには新石器時代から スコータイ、アユタヤそして現代までの各時代に於ける
膨大な数の仏像、金製品、衣服、楽器、兵器、陶磁器等の芸術品を所蔵、展示
されており、中でも仏像は、それぞれの時代の様式のものがあり、そして、中には、
中国、鎌倉時代の仏像もあってそれはそれは見応え十分。
b0176111_2244206.gif

しかし、とにかく広い(上写真はチケットにある見取り図)!
そしてほとんどの部屋に空調が効いていない。
この湿気と温度で展示品は大丈夫なのだろうか??・・・と思わず心配してしまう。
そしてどの展示室もたいていメインは自然光・・・。
う〜ん、大丈夫なんだろうか・・・?
それにしても、すごいコレクション。
次回行く機会があれば3日間ぐらい掛けてじっくり観てみたい!

ここも当然写真撮影は禁止だったので、是非とも図録をとクタクタになりながら
売店に入ってみましたが、ざっくり紹介しているモノは無く、いったいどれを
購入してよいものやら・・・。
結局、何も購入せず、次回に持ち越しに・・・。

この後は、雑貨屋さんを巡って、夕食に美味しい中華料理を食べて、
おおいにモノ造り魂を震わせながら充実した3日目の夜は、ぐったりと疲れとともに
更けていくのでありました。

最終日に続く・・・。
[PR]
by studio-muddy | 2009-11-11 22:51

ようやくタイ旅行記3日目午前バンコク周辺

個展も終わって1週間。
すっかり燃え尽き症候群で腑抜けておりますが、
そろそろ、うろ覚えになってきた晩夏の思い出タイ旅行記を
早いところきちんとしなければ・・・というわけで

8月30日(日)
早朝からスコール。このお陰で前日から心配されていた大規模なデモの集会が
中止となり、またまた予定を変更(少し元に戻して)この日は、バンコク周辺の
施設巡りです。

9:00 雨も小降りになり、この日もトイさんの運転するワゴンで出発。
まずは、『スアン・パッカード宮殿』へ。
b0176111_2211328.gif

『スアン・パッカード宮殿』の名前は、以前この場所がキャベツ(タイ語で
パッカード)畑であったことに由来するそうです。

当初、ラマ5世の孫にあたるチャムポット殿下夫妻がバンコク市内に
建てた迎賓館で、現在は博物館になっています。
チーク材で造られた高床式の建物など、タイの伝統的な建築様式の
屋敷が5棟集められていて、そのうちのひとつ、ラッカー・パビリオンは
17世紀のアユタヤの建物を移築したものだそうです。
当時のアユタヤでは壁画美術が発達しており、この建物の内部でも
金箔の壁画が見られ、ほかにも、紀元前にさかのぼるバンチェン遺跡の
出土品や、スコータイ時代の仏像、陶磁器など、チャムポット殿下夫妻の
優れたコレクションが芸術家支援の為に展示されています。
b0176111_237799.gif

入場券(100B)を買うと、タイの民芸調の原色で竹製(だと思う)の団扇と
日本語のパンフレットをくれます。
b0176111_22565477.jpg

この団扇がなかなかすぐれもので、扇ぐと日本でよく手にするそれよりも
なんとも良い風がきます。少しカーブした形状と素材がそうさせるのでしょうか?
女性の職員が近づいて来て案内をしてくれました。
この職員の方が、中々の曲者でタイ語で口頭の説明をすると、とっとと次の展示室に
移って行ってしまうので、展示物をもっとゆっくり観たい小生はおいてけぼりでした。

第1展示館の1階は、タイの古典楽器を展示しています。
b0176111_2212419.gif

竹製のシロホンと呼ばれる木琴のようなものや銅鑼、弦楽器などがあり
そして和太鼓にそっくりな太鼓があり、聞くとタイが発祥で日本に渡ったなのだそうだ。
2階には、タイ、東南アジアの古代遺物を展示してあり、仏像、ウマー神象、
アタナリーサワラ神像、ビルマの青銅像、や、アユタヤ・バンコク王朝初期の
武器が展示してあります。

第2展示館1階には、チュムポット女王の所蔵物である、希少な岩石と鉱石が展示して
あり、女王はその部屋をアリババの洞窟と命名したそうです。
2階には、チュムポット女王自身の使用した豪華な漆塗りの家具や真珠が装飾された
食物盆、象牙の小箱や香水瓶などが展示してあります。

第3展示館2階には、「ベンジャロン焼」という中国の五彩の陶磁器が展示してあります。
原産地は中国ですが、タイ式にデザインされているらしく、金や金属メッキが施されて
います。
壁には、金と漆の壁画が。もとはアユタヤの修道院にあったのを移設し、復元したもの
だそうです。描かれているのは、ラーマキエン(仏陀の一生の物語)です。

第4展示館は、ダイニングルームとして使われていたそうです。
なるほど正面に池があり庭が眺められて良い景色になっています。

その他にも第8展示室至るまで、遺物や化石、タイ舞踊で使用される面や衣装、
チャダと呼ばれる古典舞踏に用いる冠やスコータイ時代の発掘品などが展示して
ありました。
その中でもやはり1番興味を引かれたのは、サワンカロークと呼ばれる青磁器と
中国の宋、元、明朝の陶磁器コレクション。これはすごかった!

その他にも実際使用していたアクセサリーやサワンカローク焼の食器、
洋風のティーセットなどもありました。

展示物の撮影が許されなかったので、庭からのの写真しかありませんが、
b0176111_22332230.jpg

この建物がラッカー・パビリオン。チュムポット女王の50歳の誕生日を祝うために
1959年に住職の許可を得てアユタヤとバンパイン遺跡の間にある寺院から
移築されたそうです。
b0176111_22112291.gif

木造の高床式の建物。下は池になっています。
一番古い建物は、150年くらい経っているそうです。
b0176111_22114573.gif

美しい庭
b0176111_22122239.gif

南国らしい蘭の花がきれいに咲いてました。

そして、次回に続きます。
[PR]
by studio-muddy | 2009-11-10 22:14

タイ旅行記2日目 アユタヤ周辺その2

なんだかんだと忙しく過ごしながら、名残夏のあの旅行から早1ケ月。
すっかり秋になり、記憶の薄れぬうちにと気ばかり焦りながらの
久しぶりの旅行記更新です・・・。
今回は少々長編になりそう・・・。

さて、8/29午後。
兄が良く接待に使うと言う間違いのないバイキングで昼食を済ませ、
いよいよ世界遺産アユタヤ遺跡公園へ。

この遺跡を作ったのは1351年 - 1767年に存在したアユタヤ王朝で、
現在のラオス、カンボジア、ミャンマーの一部を領有するほどの勢力を持っていた
とのこと。中心都市であるアユタヤは、流れの穏やかなチャオプラヤー川に位置し、
貿易に持ってこいの地形であったらしい。王は独占貿易で莫大な利益を収め、
莫大な利益を元に数々の寺院(ワット)を作り出した。
しかし、1767年にビルマ(ミャンマー)の攻撃を受けてアユタヤ王朝は消滅。
同時にアユタヤ市内の建造物や石像は徹底的に破壊され、ほとんどの寺院は廃寺
となり、王宮も台座を残すのみとなったという繁栄と悲しい歴史のある遺跡・・・。

このアユタヤ遺跡公園、ガイドブックなどで象に乗って遺跡を巡られるというのは
知っていましたが、なんとなく照れくさく、なるべくならさけて通りたかったのですが、
兄家族にせっかくだからと説得され、兄夫婦に託されて、ちょっと面倒臭そうに
甥っ子姪っ子もいっしょに乗ってくれるというので、姪っ子と母、甥っ子と小生に別れ、
恥ずかしながら乗ってみることにしました。
b0176111_0514757.gif

象の背中の高さに登ってみると、これがなかなか想像以上の高さ。
無愛想な象使いに操られていよいよ出発。

これもまた想像以上に揺れる揺れる。
遠景からのワット・プラ・ラムの写真を撮ろうにもぶれるぶれる。
b0176111_0531493.gif

ワット・プラ・ラムはアユタヤ初代王の菩提寺。
b0176111_0541312.gif

・・・っでもって、象使いがこちらになのか象になのか、怒鳴りちらしながら象を
蹴ったりしてたんで甥っ子といっしょに必要以上に緊張しての象クルージングでした。
写真は、象から目線からみた母と姪っ子の乗る象。
b0176111_055428.gif

その後、同じ象使いが我々が降りたあと乗った、露出度の高いうる若き日本人
女性観光客への満天のサービスぶりを横目に憤りを感じながらつぎへ・・・。

約15分ほどの象クルージング後、次に訪れたのは、『ウィハーン・プラ・モンコン・ボビット』。
b0176111_056431.gif

黄金に輝くタイ最大の仏像が奉られています。
b0176111_0564230.gif

この仏像、発見されたときは、漆喰で全体を覆われていたらしい。
b0176111_0574731.gif

ビルマ侵攻のときに盗難を恐れてそうしたらしいです。

そしてその後は、広い遺跡公園を散策。
3つの仏塔が並んで残る、かつての王室用寺院『ワット・プラ・シー・サン・ペット』や
b0176111_2375414.gif

木の根元に眠る奇跡の仏頭『ワット・プラ・マハタート』、
b0176111_238325.gif

そしてビルマ侵略により頭部を落とされた仏像、
b0176111_2385147.gif

廃墟と化したレンガ造りの遺跡を巡ります。
b0176111_23102833.gif

b0176111_23102851.gif

b0176111_23104053.gif

こんな巨大なレンガ造りの建造物は、地震のないタイならではです。

歩く道すがら、土産物屋さん街では、こんなかわいらしい胡弓引きの少女。
b0176111_23131057.gif

カメラを向けたら愛想良く目線をくれました。
・・・でも、生活のためとはいえ、綺麗な服を着せられて観光客集めのために
大人にやらされてんだと思うとちょっと複雑です。
籠に少しのお金を入れてその場を後にします・・・。

そして首の無い仏像の廻りには、雀が・・・。
b0176111_2314439.gif

日本の雀よりスマートでなんとなく模様も違って見えます。
b0176111_2315184.gif


地面には、当たり前のようにこんなトカゲが這っていて驚かされたり・・・、
b0176111_23162833.gif

木の上にはリスが住み着いていてお土産屋さんがココナッツで餌付けをしてます。
b0176111_23175433.gif


最後に巨大な漆喰の寝釈迦仏『ワット・ロカヤ・スター』を見てアユタヤ遺跡公園を
後にしました。(あれっ?写真がない・・・。)

その後、夕食までまだ時間があるとのことで義姉にお土産にとすすめられ、
タイの陶器『セラドン焼き』の直営店ちょっと立ち寄りました。
美しい灰立てのグリーンの釉薬で、タイの気候で使うには涼しげで良さそうです。

そして夕食。
この日の夕食はタイ舞踊を鑑賞しながらのコース料理です。
b0176111_23324775.gif

綺麗な衣装となんとも美しい指の動き・・・、
b0176111_2333189.gif

日本人観光客が多いらしく日本語で解説があったのですが、料理と美しい踊りに
翻弄されあんまり覚えてない・・・。
b0176111_23333264.gif

b0176111_23334773.gif

とりあえずは満喫です。

この日の締めくくりは、立派なデパートでお買い物。
b0176111_23394336.gif

なんとも大きなデパートで、日本でもおなじみの最先端のものもたくさん
見かけましたが、最上階には、タイの特産品なども置いてあり、なんでもそこいらの
土産屋さんよりもこういうデパートの方が、品が良く、安く、それになにしろ信用できる
のでお土産を買うには良いらしい。

そしてなんとも有意義で充実した1日は更けて行くのでした・・・。

そして次回に続きます・・・。
[PR]
by studio-muddy | 2009-09-29 23:51

タイ旅行記2日目 8/29 アユタヤ周辺1

忙しさにかまけていたら、前回の書き込みからついつい2週間近くも
たってしまった・・・。もう随分秋も深まったというのに夏の思い出とは・・・、
やれやれ・・・。
記憶のあるうちに旅行記をと思うのですが、2つのことに同時に
集中できないというのは困ったものです。

さて、2日目、8/29は、前回記述したようにバンコク周辺に物騒なデモの
集会があるらしいとのこと。規制をはられていてそんなところを外国人が
うろうろしていると危ないということで予定を変更してアユタヤ方面へ。

AM8:30、兄家族が専属ドライバーのトイさんを引き連れて、
ホテルのロビーで待ち合わせ。
そして出発。高速道路を使って大都会バンコクを1時間程離れると
がらりと景観は変わりTVなどで昔から馴染みのあるタイらしい田園風景に。
この景色、なんとも懐かしい感じ・・・、草の生い茂ったゆったり流れる用水路、
一面広がる田んぼや果樹園。
幼少のころ夏休みに祖父母のところへでかけたようなそんななんとも
の〜んびりした雰囲気。

そんな中、最初に訪れたのは、『バンパイン夏離宮』。
b0176111_21314621.gif

アユタヤ王朝のときに夏の離宮として使われていたものをラマ4・5世が
19世紀に再建したとのこと。
広大で美しい庭園内にヨーロッパ、中国、タイ様式を取り入れた建築物が
点在しています。
b0176111_2133695.gif
b0176111_21332283.gif
b0176111_21334512.gif

庭園内では、日本では見たことも無い小鳥が遊び、
b0176111_21343145.gif

南国特有の美しい花がところどころに咲いています。
b0176111_21344840.gif
b0176111_21345437.gif
b0176111_21351433.gif

こんな植え込みも・・・
b0176111_21505393.gif

船の事故で亡くなったラマ5世の王妃の記念碑(たぶん)
b0176111_21362556.gif

そしてさすが『宮』というだけあってこの暑い中、衛兵が立哨しています。
b0176111_2136331.gif

それぞれの建築物の中には、その様式にあった美術品が展示してあります。
そしてなんといっても1番の見所は水上パレス。
b0176111_21374375.gif

水に浮かぶ涼しげな美しいタイ風建築の水上パレス。湖に浮かぶように建っています。
橋は無く、渡るには船が必要です。

『バンパイン夏離宮』を後にして次に立ち寄ったのは、『日本人町跡』。
b0176111_21382283.gif

この日本人町は1933年に発掘されました。アユタヤ歴史研究センターの別館があり、
タイ王朝の時代の外国人町の資料が展示されています。
観光地としては正直見どころのない場所ですが、かつてこの場所に日本人が生活を
営んでいたと思うと、同じ日本人として感慨深いものがあります。

14世紀中ごろから18世紀頃までアユタヤにあり、15世紀後半から16世紀初頭まで
アユタヤ王朝下、軍事力と貿易による利潤を背景に政治的に力を持つようになった
らしい。
当時のアユタヤ中心地をチャオプラヤー川沿いに南に下った西岸にあり、
b0176111_21383172.gif

ポルトガル人街とは相対の位置にあった。南北約570メートル、230メートルの
敷地に最盛期で1000~1500人の日本人(タイ族などの使用人を除く)が
住んでいたらしい・・・、となかば強制的に見せられたビデオで解説してました。

でも、ここの土産屋さんはなかなか充実していて竹細工や螺鈿、皮革製品、
タイシルクなど良い品揃えと、口が達者で商売上手な日本人店主さんが良い買い物を
させてくれました。

次回は、2日目 8/29の午後『アユタヤ遺跡』向かいます。
[PR]
by studio-muddy | 2009-09-19 20:27

タイ旅行記8/28セントレア〜バンコク

3泊5日の遅めの夏休み、タイ旅行。
そもそもこの旅行というのが、今タイに赴任している兄家族の提案で、
あちらにいる間に一度、母に来てみたらというところからはじまりました。
グループ展の直後で2ヶ月後に個展を控える身とあっては、とても余裕のある
ことでも無かったのですが、母は始めての海外旅行で一人でやるわけにも
いかず、またこんなことでもなければ忙しさにかまけて期をのがすのも
どうかということで、重い腰を上げ、出掛けてみることにしました。

航空チケットの取り方やら飛行機の乗り方など、知らないことばかり・・・。
学生の頃から研修旅行などでお世話になっている旅行代理店のトラベル・ネットワークの
F谷さんにお世話のなりながら初めて自分で予約なども体験しました。

さて、出発当日。8月28日、中部国際空港セントレアから14:30発の飛行機で
6時間のフライト。
こんなに長い時間、椅子にじっとすわっていることなんてあまりないことなので
少し重い気持ちで出発。

でも、約10年前に乗った飛行機とは違い、最近はヘッドレストの後ろにモニターが
着いていて、驚いたことにそこでいろんな情報やら音楽ビデオやらゲームやら映画が
楽しめちゃうんです(今や当たり前?)。
お陰で日本ではまだ封切り前の話題の映画なんて見ながら飛んでいたので、思った程
退屈はしませんでした。

6時間後、時差が2時間なので現地時間18:30にバンコクに到着。
兄家族が出迎えてくれて久しぶりの再会です。

さて、降り立ってみて・・・しかしバンコク蒸し暑い!!
でも、日本の蒸し暑さとなんかちょっと違う・・・。
ちょうどこの頃、雨期ということもあるのでしょうけど、日本のまとわり付くような
重い蒸し暑さじゃないんです。なんだか水の中にいるような・・・。
なんというか汗がネチッこくないというか・・・。それほど不快ではないんです。

そして着いてそうそう、あまりうれしくない話が・・・。
この週末に(29・30日)にバンコク市内で大規模なデモの集会が行われるとの情報。
あの死人やケガ人が出てバスに火をつけられたりしたヤツです。

う〜ん、物騒です。微笑みの国のはずなのに実に物騒です。
予定を大幅に変えなくてはいけなくなりました。
また、私が個人的に行ってみたいところもこのままでは近寄れなくなりそうです・・・。

3泊の短い滞在。しかも週末の2日間がデモの集会。
この先、いったいどうなってしまうのでしょう・・・。

次回からいよいよタイに入って行きます。
[PR]
by studio-muddy | 2009-09-07 00:14


陶芸の話、日々の出来事やその他モロモロ・・・
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧