studio muddy blog 窯辺雑記



処暑に再び脱走。そして昔取った杵柄。

ご無沙汰しております。
連日の暑さの中、それでもすでに秋が立ち、暦は「処暑」。
なるほど確かに暑さのピークは、過ぎつつあるように思われます。
b0176111_14253148.jpg

そして七二候では、第四〇候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」とのこと。
b0176111_14252662.jpg


さて、前回の投稿での脱走でずいぶん自信喪失してしまっておりました当工房の
看板猫「むく」ですが、あの後2週間ほどすっかり懲りた様子で外に行きたいと
言い出さなかったのですが、最近ではハーネス散歩に元気に復帰しております。
b0176111_14254131.jpg

最近は蝉を追いかけて工房裏の梅の木に登るのがお気に入りのようすです。
b0176111_14252980.jpg

とは言え、まだ1人(1匹)で外にいるのは少し怖いようで、
何かを追いかけて夢中で走り出したものの、我に帰って少し小生との
距離が離れていると一目散で足元に戻ってまいります。(なんとカワイイ!)

ところが先日、そろそろ寝ようかという時にそういえばまた姿を見かけないなぁ、
と思い普段居そうな場所を探してみても見当たりません。
そしてよく夜中に暴れている屋根裏部屋を覗いてみると、なんと!?
再び網戸が丁度むくが通れるほど開いているではありませんか!
またおそらく虫を追いかけて夢中で出てしまったと思われますが、
前回ちゃんと帰ってこられることがわかりましたので、それ程の焦りはありませんでした。
それでもまた寝れないなぁなんて思いながら寝室の窓の外をフと見てみると、
「あれ?なんの騒ぎ?」というとぼけた顔でこちらを覗いているではありませんか!
思わず声を上げて笑ってしまいました。
その様子を見てまたキョトンとしているむくなのでありました。
b0176111_14325742.jpg


さて、当工房の最近はと申しますと陶芸の傍、昔取った杵柄とでも申しましょうか、
25年ぶりにこんなことをはじめております。
b0176111_14330153.jpg

b0176111_14330705.jpg

アンティークやビンテージ、はたまた中古のカトラリーを用いてアクセサリーなどを
創作しております。
b0176111_14331258.jpg

さて、これらをどうするか。
またそのうちご報告いたしたいと思います。

[PR]
# by studio-muddy | 2016-08-23 14:40 | 趣 味

告知:山咲木・はじめの一歩展

明日からになりますが、新しくオープン致しますギャラリーのこけら落としに
参加させていただきます。

<オープニング企画>
山咲木・はじめの一歩展
b0176111_13152775.jpg

会場:ギャラリー山咲木
        〒103-0013
中央区日本橋人形町 2-16-2 ユウビル1F
        Tel:03-6661-6865
        Fax:03-6661-6896

会期:平成28年7月16日(土)〜31日(日)<25日(月)臨時休業>
       営業時間:11:00~18:00(日・月曜日休み・臨時休業あり)
       展覧会期中:11:00〜19:00(会期中は無休・最終日は17:00閉場・展覧会の前後は休み)

約50名の作家が参加する器を中心とした賑やかな展覧会だそうです。
尚、23日(土)には、17時よりオープニングパーティが開催されるようです。
小生は、本展出品作品の搬入間近ゆえ、参加は叶いませんが、
作品とともにパーティを楽しむのも一興だと存じます。


こちらのオーナーのY崎さんには、駆け出しの頃からお世話になっており、
物事の良し悪しから、遊び方までたくさんご教授いただきました。
漢気溢れる素敵な方でございます。
2年間の沈黙を破ってのオープンです。

お近くにお寄りの際は、是非足をお運びいただければ幸いに存じます。
b0176111_13494685.jpg


ところでDMの題字。この素敵な字は、三上亮さんだそうです。
かっこいい!
[PR]
# by studio-muddy | 2016-07-15 13:53 | 展覧会

小暑に佳境そして看板ネコの逃走

暦は小暑。
もうすでに日は短くなり始めておるようですが、暑さはこれからが本番。
七二候では、「蓮始開(はすはじめてひらく)」とのこと。
b0176111_13563382.jpg

当工房近くの蓮池では、最近では珍しいコウホネも咲き出しました。
b0176111_13584653.jpg

工房裏の畑では、かぼちゃの花もずいぶん咲いております。
b0176111_142258.jpg

畦に生える大葉にはこんなお客さんも。
b0176111_142261.jpg


さて、本展の作品の搬入も再来週に迫りいよいよ佳境を迎えております当工房ですが、
12日夜、看板ネコの「むく」が逃走いたしました。

普段はハーネスを着けてのみ外に出しておりましたが、何も着けずに一人で外に出るのは
初めてのことです。

気がついたのは、おそらくすでに逃走してから2時間くらい過ぎていたでしょうか。
姿を見かけないなぁと思っていて、風呂にでも入るついでに様子を見ようと思ったら
普段開けない2階の網戸が開いているのに気がつきました。

その瞬間、サーっと血の気が失せました。
ちょうどむくが通れるような間隔で開いております。

でもまさか、そんなところから出て行くまいと思い、普段よくいる場所から屋根裏部屋まで
探しましたが見当たりません。

どうやらそこが逃走経路のようでした。

それからすぐに餌入れと懐中電灯を持って、普段散歩で行きたがるところを隈なく
探しに出かけましたが、首輪に付けた鈴の音も鳴き声も聞こえません。
ましてや慣れない外なので、どこかの物陰に隠れていたでしょうし、
この暗闇では姿は見えません。

去勢済みでマーキングもせず、普段ハーネス付きでしか外に出たことないので、
迷子になっているのではないかと心配で心配でなんども同じところを探しましたが、
見つけられそうになかったので、外が明るくなってきたらまた探そうと
その晩の捜索は断念しました。

でも、もしかしたら帰ってくるかもしれない。
その時に気がつかないといけないと思い、普段散歩している工房裏が眺められる
リビングで明け方まで待つ覚悟を決めました。

その間もどういう公共機関に特徴を知らせておくべきかとか、近所に皆さんにも
事情を話して情報をもらおうかとか色々考えておりました。
そうしたら深夜3時くらいでしたでしょうか。
窓の外で鈴の音が聞こえたような気がしました。

急いで外を見てみると、そこにむくの姿が。

きっと慣れない冒険で緊張しているでしょうから、こちらが慌てて動くと
逃げてしまうかもしれません。

餌入れを振って音を出しながら、優しく声をかけながらゆっくり網戸を開けました。

しばらく怯えたように警戒しておりましたが、やがてゆっくりと入って来てくれました。

一気に安堵の気持ちと、むくに対する信頼が込み上げてまいりました。
そしてむくはと言いますと、顔中に蜘蛛の巣や小さいダンゴムシや埃を
いっぱい付けてきたものの、怪我もなくよほどお腹を空かしていたのか
餌を食べては水を飲み、餌を食べては水を飲みをしばらく繰り返し、
トイレで用を足し、その後よほど緊張していたのかしばらくは落ち着かない様子で
外の物音にビクついておりましたが、やがてぐったり。
b0176111_1515351.jpg

しばらくすると眠ってしまいました。

よほど疲れていたのか昨日も1日中眠っておりました。
b0176111_14582288.jpg

今日はようやく疲れも取れたようで元気に遊んでおります。
b0176111_1534127.jpg


でも外にはちょっと懲りているようです。
いったいどんな大冒険をしてきたのやら。

それにしても帰ってきてくれて良かった。
[PR]
# by studio-muddy | 2016-07-14 15:08 | ネコ


陶芸の話、日々の出来事やその他モロモロ・・・
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧