studio muddy blog 窯辺雑記



<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


虎ノ尾とヤモリとIn Between Dreams

このところ、昼間は雨が降らずありがたいのですが、
蒸し暑い日が続いております。

そんな中、最近見掛けなくたった虎ノ尾を近所で発見。
b0176111_22403994.jpg

自生という訳にはいきませんが、山野草好きな方が、
大事に育てていらっしゃいます。
b0176111_22404456.jpg


さて、このところ本展の搬入を前に絵付けの毎日を送っているのですが、
その最中、昨年のネズミ騒動に引き続き悩まされているのが、
b0176111_22405148.jpg

この虫・・・。

羽アリのようですが、普段この時期に見るモノより随分細目。
この虫が大量発生し、工房内を乱舞しているのです。
試しに水を張った洗面器にを傍らに置き、絵付けをしながら近くを這い出したら
片っ端から捕まえて、その水の中に入れていったら、一晩で水面が真っ黒に
なるほどの量でした。

もしも羽アリなら、木造築100年の当工房は、白アリの巣窟になってしまうかも
しれません。それではたまったものではありません。

そこで・・・、
b0176111_22405534.jpg

羽アリ(なのか?)退散の願いを込めて、「家守(ヤモリ)」なんぞを描いてみました。

ヤモリに恐れをなしたのかお陰でここ2日は、随分数が減ったような・・・。
(窓の網戸や隙間にキンチョールを粉霧したことも要因だと思いますが・・・。)

さてさて、搬入まで残すところあと2週間と少し。
この期に及んで最後の悪あがき。
b0176111_2241094.jpg

53cm×38cm。
・・・乾くのか??

そんな絵を描いたり、ロクロを挽きながら聴いていたのは、
b0176111_2313305.jpg

夏にぴったり。Jack Johnson「In Between Dreams」。
[PR]
by studio-muddy | 2011-06-27 23:22

桃の切り株とデモンストレーション

今日は、年に一度の我母校愛知県立芸術大学へロクロの講義と実演をしに
いってまいりました。
b0176111_23422072.jpg

実演するのは、大皿、大鉢、丸壷。
ここ毎年伺うのですが、やはり使い慣れない土での後輩達を目の前にしての
デモンストレーションは、失敗して恥ずかしい思いもしたくないので
何度やっても緊張します。
b0176111_23435998.jpg

ちょっとしたコツをなるべくわかりやすく理由をもとに教えたつもりですが、
どれほど伝えることができたのか・・・。

少しでも後輩達の役にたってくれるのを祈るばかりです。


さて、先日の話になりますが、所用を済ませて工房に行ってみると
なんだかいつもと景色が違う・・・。

ハタと気付くとそこにあったはずのモノが無い。
b0176111_23543382.jpg

毎年春にきれいに見事に紅白の花を芳香とともに咲かせてくれていた
桃の木が切られていたのでした。
b0176111_23565321.jpg

あまり八重の花は好きではありませんが、その見事な咲きっぷりに
毎年心和ませてもらっていました。
b0176111_23574825.jpg


この場所に下水道を通す工事をするということで、数年前から決まっていたこと
なのですが、なんとか移植出来ないものかとこの木に愛着を持つ方々と相談しましたが、
それには大きくなりすぎてしまっていて無理ということでした。
もう決まっていたこととは言え、寂しく感じてしまいます。

でも、その切り株の脇を覗き見ると、
b0176111_015049.jpg

新しい芽が出ていました。

なんとか残せないものか思案中です。
[PR]
by studio-muddy | 2011-06-21 00:15

たわわに実った茱萸(グミ)の木とゼーゲルコーン

あまり見掛けなくなった茱萸(グミ)の木。
b0176111_22523310.jpg

ご近所に立派な木があるのですが、大抵毎年実が熟すころには渡り鳥達の
貴重な栄養源になっていて、赤く熟した良い時期を観賞できることがあまり
ありませんでしたが、今年は、昨年の猛暑の恩恵なのか鳥達の襲撃にも
ビクともしないくらいたわわに実っております。
b0176111_22523961.jpg


さて、大人買いしてしまいました。
b0176111_22575441.jpg

このゼーゲルコーンなるもの、窯を焚くときに無くてはならない重要なもの。

もうすぐ値上げをして小売り価格が今までの3倍近くなるというウワサを
聞きつけたので、こりゃいかんとまとめ買いを決意し、いろいろ調べてみると、
東京に本社がある社団法人 日本ゼーゲルコーン協会なんですが、製造工場は
福島にあり、今回の大震災で被災してしまい、その上原発からの避難区域に
入っていて製造どころではないというただ事ではない状況とのウワサが入って
まいりました。

そこで直接日本ゼーゲルコーン協会に電話をしてみましたが繋がらず、メールにて
状況の確認と注文方法を問い合わせてみましたが、2週間ほどなんの音沙汰もなく
ウワサはほんとだったのかとあきらめかけていたころ、先日返信のお電話をいただき
ました。
そこで被害状況と製造元の皆さんの安否をお聞きし、注文をさせていただきました。

福島の工場は、もともと予定のあった別の場所に移転し、製造も無事始まっている
とのことでした。
b0176111_23253945.jpg

思わぬところでの震災の影響に改めてことの大きさを思うのでした。
[PR]
by studio-muddy | 2011-06-16 23:40

窯明け後の下絵とビデオ撮影

降ったり止んだり、1日単位で天気の変わるこの2、3日。
もう沖縄は梅雨明けしたとか。
b0176111_2223999.jpg

こちらも例年より早い梅雨明けとなるんでしょうか?

さて、昨日から窯を焚いておりました。
ほぼ徹夜明けながら、ぼんやりした頭で今日は大皿に絵付けの下絵を描いております。
b0176111_22231769.jpg

今回は、今まで試してきたことのミックスに挑戦しております。
b0176111_22232143.jpg

はてさて、どんな焼き上がりになるのやら。

ところで、先週の土曜日は、今秋アメリカ・フィラデルフィアで開催予定の展覧会
『Five by Eight展』中で放映する、技法を紹介するためのビデオの撮影を
していただきました。
b0176111_22232417.jpg

1日ですべての行程の撮影をするということで、前もって同じ4つの素地を各工程ごとに
用意して、まるで料理番組のように順を追って1つずつの過程を段取りよく撮影して
いただきました。

少し驚きましたが、最近の動画の撮影は、TVCMなども短いものなら1眼レフのデジカメ
で撮影するそうです。

そして画像に合わせて、より伝わりやすいように解説を入れるためにインタビュー形式で
声を録音していただいたのですが、自分の制作に対する考えや意見を他人に伝えるために
言葉にするのって難しい・・・。ちゃんと文章になってたのかなぁ・・・。

それにしても、もちろん小生は英語でなんて解説出来ない訳ですから、あの訳の
わからないことをしゃべった文章をどなたかが英訳してくださるんだろうか・・・?

そりゃ、また大変だ。
[PR]
by studio-muddy | 2011-06-13 23:19

鮎と孔雀と憂さ晴らし。

前回の書き込みから気が付けば早くも2週間がたってしまいました。
b0176111_1632530.jpg

個展が、終わったばかりだというのに、ここのところなにやら忙しい・・・。
b0176111_16321042.jpg

その上、季節外れの台風と共に例年より少し早い梅雨入りで、
水挽きしたものが、なかなか乾いてくれません・・・。

やることがあるのに先に進めないジレンマの中、この間を利用して
昨日は久しぶりにちょっと遠出してまいりました。

まずは、ようやく解禁したこの時期旬の鮎に舌鼓を打ちに、
b0176111_16353471.jpg

三河の豊川水系の上流にあります『川魚料理 鳳城苑』さんへ。

注文をしたとたん、心の準備をする間もなく、すぐに出てきた甘露煮に思わず
テンションがあがってしまい、肝心の料理の写真を撮り忘れてしまいました(笑)。

松、竹、梅の3種類のコースから竹を選びまして、まずは骨まで柔らかい甘露煮から
始まり、新鮮でなければ食べられない甘いお造り、カリッと揚がったフライ、
そして味噌との相性抜群の田楽、ラストは王道の塩焼きで〆。

美味しい鮎ずくしに満足し、その残骸を前にハタと気付くともうすでに時遅し・・・。
すっかり写真を忘れておりました・・・残念無念・・・。

もうひとつ上の「梅」には、さらに唐揚げと雑炊とうるかが付くそうなのですが、
それはまた次の機会に・・・。

その後は、山の景観を車窓から眺めながらドライブ。

まずは、鳳城苑さんの近くにあります「花の木公園」へ。
b0176111_174024.jpg

ここにはこんなダイナミックな滝があります。
b0176111_1751274.jpg


その後も花菖蒲を観察しに公共公園を2軒ほど梯子、
b0176111_1782373.jpg

雨に濡れた花菖蒲がなんとも艶かしく・・・。
b0176111_1783852.jpg


そしてその公園内の動物コーナーでは、なんとも精悍なお顔立ちの
b0176111_1710682.jpg

クジャクが、
b0176111_17113064.jpg

羽を広げて迎えてくれました。

そんな久々ののんびり自然満喫ドライブの〆は、車を置いて最寄り駅から
2駅電車で移動し・・・、
b0176111_17125444.jpg

夜、旬の海の幸で1日の〆はやっぱりこれです。

元はといえば、この日お付き合いいただいた連れの憂さ晴らしに企画した
ことでしたが、こちらがすっかり憂さ晴らしさせてもらいました。

う〜ん、なんとも贅沢な1日。

さて、今日の晴れ間で随分作品も乾いてきたので、もうひといき乾かして
そろそろ素焼きしなきゃ。
b0176111_1737589.jpg

[PR]
by studio-muddy | 2011-06-08 17:44 | 料 理


陶芸の話、日々の出来事やその他モロモロ・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧