studio muddy blog 窯辺雑記



<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


クリスマスローズと外壁塗装と北欧音楽

このところ、暖かい日が続いてます。
地面を見回すと何やらかわいらしい蕾。
b0176111_22432670.jpg

何の蕾だろうと、さらに近くを散策すると・・・、
b0176111_2243193.jpg

ありましたクリスマスローズ。

春先に花を咲かせるのにクリスマスローズ。ま、日本の気候だからなのですが、
なんか変な感じです(笑)。

さて、この最近の暖かな天候のうちに3日ほど前から、工房の外壁の塗装に
ようやく着手しております。
b0176111_22433188.jpg


昨年秋に張り直した外壁でしたが、いつかやらなければと年が変わってしまい、
気温が低いと塗料の伸びが悪いと、ついつい今にいたってしまいました。

やり始めてみると、この日和の気持ちよさも手伝ってなかなか楽しいもんであります。
それにこのところ、新しい技法の開発(そんな大げさではありませんが(笑)、)に
行き詰まっていたのもあり、けっこう良い気分転換にもなっております。

しかし、やっぱり高い足場の作業、なかなかの緊張感です。

夕方まで塗装作業をして、夜は制作。
そんなペースの中、このところ聴いているのは、
b0176111_2354468.jpg

Drakskip「WeatherCock, facing North -北向く風見鶏-」。
関西発の北欧音楽ユニット。まだ若いバンドですが、1曲目からけっこうやられます。
少し暖かくなってきたこの時期にぴったりの軽やかな弦楽器とパーカッションの
演奏です。
[PR]
by studio-muddy | 2011-02-23 23:13

白梅と仮展示とチャトラ

この辺りは、昨日も雪が降りましたが、本日は打って変わって
暖かい一日。
紅梅に続き、白梅もほころび始めました。
b0176111_2325566.jpg


さて、先週の土曜日は毎年恒例になっております某瀬戸窯業専攻科の
修了制作展の仮展示が同校体育館で行われました。
b0176111_2326335.jpg


この仮展示というのは、実際の展示会場の見取り図から体育館に模擬スペースを
作り実際と同じように展示してみようというもので、恐れながらそこで作品の
セレクトと講評、そして作品の並べ方などをアドバイスという大役を
仰せつかってまいりました。

修了生が1年間掛けて制作してきたもの。なんとか少しでも多くのものを
展示させてあげたいけれども、それぞれの展示の意味合いや会場の雰囲気を
考えてそれぞれと話し合いながら、それこそ苦渋の選択をしなくてはならない
こともあります。

今回は(今回も?)、まだすべて出そろった訳ではなかったので、
まだ少し心配は残るものの大方ベストの展示になるのではないかと思います。

平成22年度愛知県立瀬戸窯業高等学校セラミック・陶芸専攻課修了制作展
会場:愛知県美術館 8F 美術館ギャラリーJ1・J2
会期:2011/02/22(火) ~ 2011/02/27(日)

そして最近この専攻科界隈に出没するこのチャトラ、
b0176111_232698.jpg

あまりの恰幅のよさに「マエダ猫」と命名されてかわいがられて(?)
いるそうな(爆)。
[PR]
by studio-muddy | 2011-02-15 23:55 | 展覧会

雪と紅梅と三寒四温

今日は、雪が降っています。
b0176111_14412843.jpg

先週の暖かさとは打って変わって、また冬将軍の到来。

つい先日、紅梅が咲き始めたのを見つけて、春の到来を予感しておりましたが、
b0176111_1441374.jpg

また冬に逆戻り。

今年の三寒四温は、ギャップが激しい・・・。

本日削る予定にしていた昨日水引きしたものをムロにしまって、
雪に閉じ込められてしまう前にとっとと退散するとします。
[PR]
by studio-muddy | 2011-02-11 14:48 | 自 然

FIVE by EIGHTと竹林の階段と御茶事

もう節分も過ぎ、2月に入ってもう1週間が過ぎてしまいました。
先月の寒気とは打って変わって、こちらも少し暖かくなってきました。
こうして三寒四温を繰り返しながら春はやってくるんですねぇ。

なんだか、すっかりご無沙汰をしておりました。

さて、もう先週の話になってしまいますが、いよいよ今秋に予定されている
米国フィラデルフィアで開催する『FIVE by EIGHT展』の打ち合わせ兼新年会が
横浜でありました。

会場は、お茶の先生でもあり、御茶事の場を提供されていらっしゃる丹羽仙和
(にわせんわ)先生のお宅を1日借り切らせて頂ける事になりました。
b0176111_22562231.jpg

b0176111_22563695.jpg

竹林の中の階段を登って行き、
b0176111_22571285.jpg

都心の喧騒を逃れ、隠れ家のような素敵な所です。
b0176111_22572144.jpg


到着してすぐ、まずは今後の打ち合わせ。
そしてお食事をいただきました。
b0176111_2345521.jpg

その後、小間も使わせて頂いてフィラデルフィア美術館でもティーセレモニーを
予定しているので、その練習方々5×8メンバーによるお点前をいただきました。
b0176111_23121555.jpg

緊張感の中、T中さんのお点前、羽織袴でかっこよかったです。

床の間には、七宝の白椿の額でした。
b0176111_2320287.jpg

その後広間に戻り、今度は先生にご指導を仰ぎながらいろんな流派で楽しみながら
和気あいあいと気楽なお点前。
b0176111_23213996.jpg

季節を感じ、五感をおおいに刺激され、秋に向けて背筋の伸びる新年会となりました。

会場を提供していただきました丹羽仙和先生、ありがとうございました。
[PR]
by studio-muddy | 2011-02-07 23:33 | 展覧会


陶芸の話、日々の出来事やその他モロモロ・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
リンク
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧