studio muddy blog 窯辺雑記



<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


淡墨桜とおじいさんと『Pink Moon』

さて、いよいよ個展の準備も残すところ、仕上げ作業と事務仕事となり、
高ぶる緊張感とは逆に時間的には少しだけ落ち着いてきました。

そんな中、この辺りでは3部咲きの染井吉野より少し早く、
b0176111_2241016.gif

この辺りでも珍しくなった淡墨桜が、里山を彩りだしました。
小振りで淡い色のかわいらしい花を付けた枝振りが、青空に映えます。
b0176111_2242913.gif

毎年、濃い緑の針葉樹を背景に鮮烈に春を告げてくれています。
b0176111_2244476.gif

日も傾いて、すっかり鑑賞し終えて立ち去ろうとすると、畑仕事中のおじいさんに
声を掛けられました。この木の持ち主とのこと。
見掛けんヤツがきたけど、桜を熱心に観てるのでうれしくなって声をお掛けくださった
とか。いえいえ、この辺りはよく自転車で走っているのですが・・・。
今日は徒歩だったので気付いてくださったのでしょう。
しばし、この木を植えた頃のお話を聞かせていただいて、少しだけ和やかな
気持ちにさせていただきました。

日も暮れて、そんな和やかな気分のままの仕上げ作業、その雰囲気を大事に
壊さないように聴いていたのは、
b0176111_22361734.gif

Nick Drake『Pink Moon』。
あまり幸せとはいえない悩み多き短い一生の間に、3枚のアルバムを残し、
そのどれもがとても心に染み渡るやわらかいギターの音色と歌声。
いいです。
[PR]
by studio-muddy | 2010-03-31 22:54 | 自 然

桃と「人の砂漠」と今回のDM

今日は、風は冷たかったもののよい天気。
b0176111_2301112.gif

桜に続いて桃も蕾が膨らんできました。
b0176111_2304984.gif

毎年紅白の花を咲かして目を楽しませてくれています。
b0176111_2311851.gif

この桃は、昨年の台風18号でなぎ倒されてしまいましたが、折れた枝を切り、
ご近所と協力してなんとか起こしたのですが、今年ちゃんと花を付けてくれるか
心配してましたが、どうやら一安心です。

さて、昨日は、気分転換に久しぶりに映画なんぞを鑑賞してまいりました。
名駅裏のシネマスコーレで上映中の「人の砂漠」というノンフィクション作家
「沢木耕太郎」の原作を東京芸術大学の修了生が制作した4篇からなるオムニバス映画。
その中の1篇を、実は何を隠そう小生の従兄弟栗本慎介が監督を務めております。

全篇豪華なキャストで、人間の内面、裏側、本性を若い感性をもって
するどく表現されていました。
興味のございます方は、是非ご鑑賞いただければ幸いと存じます。

そして、いよいよ個展の会期が、約1週間後せまってまいりました。
今回のDMは、こんな感じです。
b0176111_2313671.gif

b0176111_232689.gif

お時間がございましたら、こちらもどうかご高覧賜われれば幸いに存じます。
[PR]
by studio-muddy | 2010-03-29 23:45 | 展覧会

桜とラストスパートと瓢箪

この辺りも桜が咲き始めました。
b0176111_011388.gif

本日をもって無事に東海伝統工芸展の一連の実行委員としての
お手伝いも終わり、あとはいよいよ2週間後に控えたの個展の会期まで
ラストスパートです。

それにしても今回の東海伝統工芸展の研究会は内容が濃かった。
残念ながら新しい試みでの入選は果たせませんでしたが、
b0176111_0154366.gif

次に繋がるアドバイスをいただき、今後の可能性と展開が自分のことながら
楽しめそうです。

会場には、今までの掛分釉彩ものが展示されます。
また初夏のころ、ご高覧いただければ幸いに存じます。
[PR]
by studio-muddy | 2010-03-23 00:23 | 展覧会

散歩と搬入とモノトーン

仕事の合間、ひさしぶりに近所を散歩してみると、
先日咲き出した花達があっというまに・・・、
b0176111_22555510.gif

b0176111_22563820.gif

いっせいに見頃を迎えていました。
工房裏の畑でも・・・、
b0176111_2257125.gif

ムスカリも、
b0176111_2257288.gif

つい先日咲き出したスノーフレークも
b0176111_22574912.gif

もう群生して咲いてます。
雪柳も咲き出しました。
b0176111_2258476.gif

・・・ということは、この辺りも桜ももうすぐです。

さて、明日は東海伝統工芸展の搬入です。
そして明日から月曜までの間、実行委員としてお手伝いです。
約3週間後に控えた個展のための制作もしばし小休止です。

今回の審査は、例年とちょっと違う様相。
そして新しい試みのモノトーン、いったいどのような評価をいただけるのか・・・。
b0176111_22582259.gif

(これは出品作ではありませんが。)
しばし緊張の4日間の始まりです。
[PR]
by studio-muddy | 2010-03-18 23:24 | 展覧会

3度目の窯と無い物ねだりと「Mood」

この辺りでも土筆が頭を出し始めました。
b0176111_22562160.gif

この青い花は、何だっけ・・・?
b0176111_22564332.gif

スノー・フレークも咲き出しました。
b0176111_2257582.gif


さて、今日は前回引き続き、昨日から3回目の窯を焼成中です。
前回の窯出しは、実質7割方はなんとか取ることが出来そうでしたが、
残り3割は、釉薬の厚みほんの0.数ミリに泣きを見ることとなりました。
その中にけっこう大物もありましたのでなかなか辛いところです・・・。

まぁ、しかし新しい試みとしては今後の展開が楽しみな上がりに
なったので、まぁヨシとするところです。

今月に入って3回窯を焚いたのですが、その冷め待ちを利用して
知人、友人の展覧会に足を運こびました。
先々週、丸栄で開催していた大学の後輩である大谷昌拡君の展覧会、
そして先週から日本橋三越で開催されている同じく後輩の小枝真人君の展覧会。

二人とも完成度の高い「磁器」ならではの緻密で繊細な仕事。
ほんとうは自分の展覧会前には気持ちに迷いやブレが生じるので
あまり刺激されたくないところなのですが、2人とも新しいモチーフ、
新しい表現とほんとうによくがんばっていて、繊細な磁器の仕事に大いに
無い物ねだりを想うハメに陥っています。

陶器のおおらかさ、磁器の繊細さ、ともに持ち味の異なる魅力に
今更ながらその表現に迷いを生じつつ、上絵を挿したり、緑釉を使ったものを
酸に浸けたりとブレた気持ちで制作はまだまだ続きます。

そんな迷いに中で聴くのは、
b0176111_22571997.gif

Robert Glasper Trio「Mood」。
気持ちのブレを音楽の力を借りてセルフコントロールです。

b0176111_22573814.gif

そして先日上京の際の富士山。
1/31の上京のときよりも積雪していました。
[PR]
by studio-muddy | 2010-03-14 17:49 | 制 作

三寒四温と色見とLondon Calling

今日も朝から降ったり止んだり・・・。
きのうから仮眠をすこしずつ取りながらの窯焚きの最中、
ちょっとした晴れ間の間に見つけた
b0176111_16573520.gif

すみれと
b0176111_16575149.gif

幣辛夷の蕾。
三寒四温を繰り返しながらも確実に春の足音は聴こえてきます。

さて、昨日からの窯の焼成もいよいよ佳境。
ただいまの温度は、1230℃
ですが、ゼーゲルコーンを見ると8番完倒。窯内のカロリーは、1250℃に
達しています。
ここで色見の確認です。
b0176111_1658629.gif

灼熱の窯内から小さな陶片を鉄の棒を使って引っ張り出します。
b0176111_16582013.gif

色見といってもこの急冷される陶片は、窯の中でゆっくり冷まされるものと
全く違うものになってしまうので、釉薬の”色”というより”溶け具合”を見るため
なのですが、小生の焼成(おっ!?駄洒落になってる・・・)にはこれが重要です。

こんな緊張の作業の間に聴いていたのは、
b0176111_17244622.gif

The Clash「London Calling」。
眠い目をこすりながら、ノリで乗り越えます。

さて、今は無事に焼き終わり、ひとっ風呂浴びてさっぱりしたところです。
あとはうまく焼き上がることを祈るばかりです。
[PR]
by studio-muddy | 2010-03-10 17:30 | 制 作

小さな春とモノトーンとDouble Booked

3月に入り早10日あまり、啓蟄も過ぎ虫達もそろそろ冬眠から
目覚めようとしてる最中、また寒気の再来。
そして今日は、雨。
それにしてもこの時期、今年は雨が多い。
そして晴れれば春の陽気、雨が降れば冬に逆戻りと、
まったく、この気候に身体を慣らすのがなかなか大変です。

そんな出掛けに見つけた小さな春。
b0176111_22483085.gif

小さな猩々袴。かわいらしく咲き出しました。

さてさて、このところはいよいよ制作のメインイベントである窯の準備で釉掛けやら
釉剥ぎやら、その後の仕上げなどをしていて、ようやくひさしぶりにPCの前に座りました。
b0176111_22484514.gif

というわけで今日は窯を焚いています。

前回に書いた新しい試みが、だいたいまぁこんなもんかと予想していたように出て
きてくれたので、あとはそれが世間様にちゃんと受け入れられるのか「俎板の上の鯉」
の心境です。
もっとも今日焚いている窯の上がり次第ですけど・・・。

どうかうまく焼き上がりますように・・・。

ちなみに今回の新作のテーマは「モノトーン」です。
はてさてどうなりますことやら・・・。

そんなふうに気を揉みながら聴いているのは、
b0176111_23273677.gif

2度目の登場Robert Glasper「Double Booked」。
あいかわらず、前半は心地好い。
後半は何やら新しいことにいろいろ取り組んでいて、今までとちょっと違う。
なにしろ最近購入したばかりなのでもうちょっと聴き込んでみないことには・・・。
[PR]
by studio-muddy | 2010-03-09 23:35 | 制 作

窯明けと薮椿と軽やかなジャズ

昨日から今日に掛けて、窯を焚いていました。
今回は酸化焼成だし、ウチの窯は上開きの蓋なので、窯詰めや炎が出るような
派手目の絵は、ありません。
b0176111_22353541.gif

当然映りませんでしたが、ちょうどSK8番のゼーゲルコーンが付いたところです。

たぶんこれが、支部展と個展前に焼ける最後のテスト窯。・・・っといっても
ほぼ本番ですが、とりあえずこの窯の結果如何では、予定が大幅に
変わってしまう大事な窯なのです。・・・うまく焼けてるといいなぁ・・・。

冷めるまでは次の作業はお預け。まぁでも、心配していてもしょうがないので
今日は、午前中は日差しもあり暖かかったので、ちょっと春を散策です。
b0176111_22363312.gif

梅が満開で見頃を迎えました。
工房裏の川沿いには、薮椿の大木が何本か植わっているのですが、
このところの暖かさで、咲き出しました。
b0176111_2237479.gif

今年の薮椿は、ことのほかきれいに咲いています。
b0176111_22374430.gif

まだまだ蕾みもたくさん付いています。
しばらくの間、愉しませてくれそうです。

工房裏の畑には・・・、
b0176111_22382819.gif

蕗の薹が、顔を覗かせていました。

もう今日は、やれることもないので摘んで帰って天ぷらで一杯やるかぁ〜、と
工房に戻ると一本の電話。
なんかイヤ〜な予感・・・。
電話にでると今度の個展でお世話になるG高島屋の担当の方・・・。
「あの〜、送っていただいたDMなんですが、写真面の方の開場時間が・・・」
「えっ?あっ!?」
b0176111_2239131.gif

確かに宛名面と見比べると、終わりの時間を間違えていました・・・。
b0176111_22391647.gif

先方ともきちんと校正しあったつもりだったのですが、やってしまいました・・・。
いそいで修正です。もう刷り上がっていてしょうがないので上にシールを貼っての
応急処置です。
b0176111_22393155.gif

しかし細かい・・・。しかもこれを500部・・・。ハァ〜・・・。
でも、気付いたのが窯明けの今日でよかった。お陰で蕗の薹で一杯はお預けですが・・・。

それにしても早めにDMを刷っておいてよかったぁ・・・っていうより、もっと時間掛けて
校正しなきゃということか・・・反省。身を以て思い知ることとなりました。

また会期が近づきましたら発送いたしますので、
受け取った方はどうかご笑納くださいませ。

そんな細かい作業をしながら聴いていたのは、
b0176111_23321946.gif

Brad Mehldau Trioの「Day Is Done」。
軽やかなジャズでチマチマ作業を乗り越えます。
[PR]
by studio-muddy | 2010-03-02 23:39 | 制 作


陶芸の話、日々の出来事やその他モロモロ・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧