studio muddy blog 窯辺雑記



カテゴリ:趣 味( 4 )


処暑に再び脱走。そして昔取った杵柄。

ご無沙汰しております。
連日の暑さの中、それでもすでに秋が立ち、暦は「処暑」。
なるほど確かに暑さのピークは、過ぎつつあるように思われます。
b0176111_14253148.jpg

そして七二候では、第四〇候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」とのこと。
b0176111_14252662.jpg


さて、前回の投稿での脱走でずいぶん自信喪失してしまっておりました当工房の
看板猫「むく」ですが、あの後2週間ほどすっかり懲りた様子で外に行きたいと
言い出さなかったのですが、最近ではハーネス散歩に元気に復帰しております。
b0176111_14254131.jpg

最近は蝉を追いかけて工房裏の梅の木に登るのがお気に入りのようすです。
b0176111_14252980.jpg

とは言え、まだ1人(1匹)で外にいるのは少し怖いようで、
何かを追いかけて夢中で走り出したものの、我に帰って少し小生との
距離が離れていると一目散で足元に戻ってまいります。(なんとカワイイ!)

ところが先日、そろそろ寝ようかという時にそういえばまた姿を見かけないなぁ、
と思い普段居そうな場所を探してみても見当たりません。
そしてよく夜中に暴れている屋根裏部屋を覗いてみると、なんと!?
再び網戸が丁度むくが通れるほど開いているではありませんか!
またおそらく虫を追いかけて夢中で出てしまったと思われますが、
前回ちゃんと帰ってこられることがわかりましたので、それ程の焦りはありませんでした。
それでもまた寝れないなぁなんて思いながら寝室の窓の外をフと見てみると、
「あれ?なんの騒ぎ?」というとぼけた顔でこちらを覗いているではありませんか!
思わず声を上げて笑ってしまいました。
その様子を見てまたキョトンとしているむくなのでありました。
b0176111_14325742.jpg


さて、当工房の最近はと申しますと陶芸の傍、昔取った杵柄とでも申しましょうか、
25年ぶりにこんなことをはじめております。
b0176111_14330153.jpg

b0176111_14330705.jpg

アンティークやビンテージ、はたまた中古のカトラリーを用いてアクセサリーなどを
創作しております。
b0176111_14331258.jpg

さて、これらをどうするか。
またそのうちご報告いたしたいと思います。

[PR]
by studio-muddy | 2016-08-23 14:40 | 趣 味

雨水に再生

またまたのご無沙汰でございました。

つい先日新年のごあいさつをさせていただいたと思っていたのに
もう2月も最終週。
暦は「雨水(うすい)」。
まったく暦はうまく出来ているもので、この頃では寒さが少し和らいで
昼間の陽射しはほんのり暖かい。
しかし、三寒四温の頃。まだまだ油断はできませんが、
確かに春の気配はしてきましたね。
b0176111_23141268.jpg

さて、このところ制作と確定申告の合間にやっていることがございまして、
それが何かといいますと「古民家の再生」なるもの。
築300年の古民家を月1ぐらいのペースで大規模改修しております。
b0176111_23352376.jpg

一昨年の春辺りから温めてきたことでありましたが、いろいろ足許をすくわれたりで
すったもんだありましたが、ようやく昨年の11月あたりから着工しだしました。

ここをワークショップスタジオとギャラリーとカフェを併設した施設にして
若いクリエーターの制作と雇用の場所と近隣の方々の憩いの場と
自分たちの遊び場に出来ればと考えております。

今は、まず骨組みだけにする作業で、解体が中心ですが古い建築ならではの
発見がたくさんあります。
b0176111_0202377.jpg


本来本業のある仲間の集まりでやっていることなので、2年掛かるか3年掛かるか
わかりませんが、楽しんでやっております。
b0176111_233443.jpg

また、田舎暮らしやリフォームに感心のある方、参加希望、見学希望、など
大歓迎なので興味をもっていただいた方は、コメント欄に申し出ていただければ幸いに
存じます。
また場所、時間など詳細をお知らせいたします。
b0176111_0191662.jpg


ちなみに次回は3月16日(日)に予定しております。
[PR]
by studio-muddy | 2014-02-26 00:20 | 趣 味

打ち合わせと大人買いとLet It Bleed

今日は、今春個展を開催させていただきます岐阜T島屋さんに
ご挨拶と打ち合わせに。

いままでさんざグループ展や支部展などでお世話になっている会場
とはいえ、いよいよ近づいてくる会期と今のご時世を思うと
打ち合わせ後、否応無しに緊張感が増してまいりました。

その前に東海伝統工芸展の搬入なども控えているので、
抜かりなく計画通り、ことを運んでいかなくては・・・!!

それはそれとして、話は変わりますが、小生の工房の近くには書店(だけでは
ありませんが)がありません。
昨年までスレート造りのレンタルDVD屋さんと併設している雑誌をメインに
しているようなところはあったのですが、この不況の煽りをうけてのことでしょう、
ある日突然、影も形も無くなっていました。

・・・なので、ほしい本があるときは、梺の街まで降りていって探すのですが、
そこで見つからないと、注文するか、もっと都会に出た時に大きな書店で
探すか、amazonするかということになります。

ネットで買うというのは、いろんな意味でいまひとつ信用できないので、
あまり使いたくない手段です。
そういう意味でも百貨店に赴いた今日は、数少ないチャンスだったのです。

・・・それで、大人買いしちゃいました。
b0176111_21583938.gif

吉田篤弘著「百鼠」「それからはスープのことばかり考えて暮らした」
「空ばかり見ていた」「圏外へ」「小さな男*静かな声」。

この作家さん、以前紹介した「つむじ風食堂の夜」の著者なのです。
この「つむじ風・・・」を読んでからというもの、このなんともどこにでもありそうな
世界観と、その中で起こるささいな出来事と、それを取り巻くこれまた
どこにでもいそうだけど、それぞれ個性溢れたに登場人物達の織りなす
頼りなげで、ちょっとかっこわるい心暖まる物語と、それをしたためる著者の
押し付けがましくないけど、細部まで行き届いた心地好い文体が気になって
しようがなかったのです。

う〜ん、楽しみが増えました。
・・・けれどもやらなければいけないこと満載・・・。

そんななんとも落ち着かない今日の制作中聴いていたのは、
b0176111_22441764.gif

ストーンズの名盤「Let It Bleed」。
デニーロ主演のサイコ・スリラー映画『The Fan』の中でも効果的に使われていた
「Gimme Shelter」からはじまるいわずとしれた名作・・・。

今日の制作はノリ重視です。
[PR]
by studio-muddy | 2010-01-24 22:58 | 趣 味

噺の話

11月ももう後半。
秋だと思っていたら、もう冬。
こう寒くなってくると、1人孤独に仕事をする身にとっては、
無性に人恋しくなってきちゃったりします。

そんなときは、「古典落語」をよく聴いています。
志ん生、志ん朝、馬生、今輔、小さん、小三治、圓生、円歌、円遊、柳朝、柳橋、正蔵、
金馬・・・etc。

うまい噺家さんの噺を聴いているとその情景が見えてくるようです。
また、噺に登場する熊さん、八っつぁんをはじめとするキャラクター達、
意外といろんな噺に登場してきて、主役をはってみたり脇をかためていたりで
その性格や、生活ぶりが見えてきたりします。

田中三太夫:まじめでしっかりものの家臣(雛鍔、粗忽の使者、妾馬)

政五郎:腕のいい職人さんで絵に描いたような江戸っ子
    (:三件長屋・大工調べ、三枚起請)

一八:調子のいい幇間持ち(たいこ腹、愛宕山)

熊五郎(熊さん):長屋の若い衆・職人(崇徳院、御慶、船徳、唐茄子政談)
         目は利くが酒でしくじる魚屋(芝浜)
         長屋の乱暴者(大山詣り)

八五郎(八ッつぁん):貧乏長屋のお調子者の若い衆
           (羽織り遊び、御慶、三軒長屋、妾馬)

与太郎:貧乏長屋のちょっとたりない若い衆。でも仕事の腕は良かったりする。
    (大工調べ、佃祭、)

西念:いつもろくな死に方をしないお金に汚い乞食坊主(黄金餅、藁人形)

お光さん:しっかりものの女房(堀の内、鮑のし)

お久さん:長屋の親孝行な娘さん(文七元結、真景累ヶ淵)

金坊(金の助):回転の早い長屋の子供(雛鍔、堀の内)
        ドラ息子(干物箱)

繁造:まじめな使用人(愛宕山、・・・)

伊勢屋の旦那と若旦那:お金持ちできらわれ者
           (三軒長屋、羽織り遊び、二番煎じ、死神)

源兵衛さん:親切な遊び人で町内の札付き(明烏、搗き屋幸兵衛、御慶)
      まじめな万屋の旦那(柳田柳田格之進)

徳兵衛さん:万屋の仕事熱心で旦那思いの一番番頭(柳田柳田格之進)

徳三郎:親に勘当されるグータラ若旦那(船徳、唐茄子政談)

留公:長屋のインテリでお調子者の職人(粗忽の使者、大工調べ、船徳、一人酒盛)

辰っつァん:長屋の若い衆・職人(二番煎じ、御慶、船徳、唐茄子政談)
      廓の若い衆(付き馬、居残り佐平次)

海苔屋のババァ:ご長寿なおばあさんで、長屋の若い衆の言い訳に
        よく葬式をだされる。(羽織り遊び、唐茄子政談・・・)

甚兵衛さん:ちょっと頼りないくず屋(道具屋)さん(火焔太鼓、鮑のし・・・)

貞吉(公):真面目だけどちょっとドジな丁稚小僧
      (火焔太鼓、二階ぞめき、味噌蔵・・・)

権助:田舎者で一筋縄でいかない口の達者な使用人(味噌蔵、権助提灯・・・)

杢兵衛さん:長屋の古株古狸(おばけ長屋・・・)

知っている中だけでも、これだけのキャラクター達が、これだけの噺で
活躍してくれています。
そんな聞き方をしながら彼らの人情味溢れるドジな日常を聴いていると、
妙に和んで人恋しい夜も癒されてしまうのでした。
[PR]
by studio-muddy | 2009-11-23 22:31 | 趣 味


陶芸の話、日々の出来事やその他モロモロ・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧