studio muddy blog 窯辺雑記



カテゴリ:自 然( 19 )


このところ例年思うところの真実は如何に。

相変わらず暑い日が続いております。
b0176111_15071905.jpg


珍しく続けざまの投稿であります。

このところ毎年思うことなのですが、この夏もちょっと変ですね。
珍しくこの時期でもそれ程発生が聞かれなかった台風が
続けざまに3つも発生上陸したり、進路が例年と違っていたり変わっていたり…。

当工房も、何やら例年と違います。
毎年秋口までに2.3匹しか見かけないムカデが、今年はすでに
春から24匹ほど出てきています。しかもどれもサイズは10cmオーバー。
それ程出没しながら、噛まれていないのは不幸中の幸いです。

しかしながらそのうち20匹はむくが発見しておりますことを考えると、
ひょっとしたらいつもそれぐらい潜んでいたのかもしれませんが…。

そして、その代わり例年見掛けるアシダカグモとゴキブリはほとんど見かけません。
b0176111_14585516.jpg

こちらはひょっとしたらむくがこっそり駆逐しているかも知れませんが…。

さらに例年なら出逢えるか出逢えないかというこちら。
b0176111_14591234.jpg

玉虫が、今年はほぼ毎日1,2匹、多い時で3,4匹見かけております。
同じ個体かも知れませんが、それにしてもこの辺りにまだこんなにいるのかと驚いております。

調べてみますと榎などの固い落葉樹に卵を産み付けるとのこと。
そういえば、5月に育ちすぎた根で通学路傍の石垣を壊してしまい、
危険回避から行政が切り倒した時にいただいた薪用の桜の木付近で見掛けます。

はてさて、原因は何となく推理したものの偶然なのか異常気象なのか真実は如何に。

[PR]
by studio-muddy | 2016-08-25 14:42 | 自 然

ちょっと冒険と凪と冬の虹と「Sacred Hills/聖なる丘」

このところ随分寒くなりました。
b0176111_2245073.jpg

柿の木も葉が随分落ちて寒そうです。

そのはず、暦では「小雪」(しょうせつ)。
こちらでも今朝少しだけちらつきました。

さて、この時期ジッとしていても余計に寒いし、鈍った身体をいじめるために
マウンテンバイクで、近所の山を走ります。
そんな中、気になる横道なんかがあると、ちょっと寄り道をして冒険してみます。

今日見付けたのはこんな横道。
b0176111_2315729.jpg

冒険心がそそられます。

そして行き着いた先は、
b0176111_2331636.jpg

なかなかの淵です。
この辺りは夏になると川遊びで随分人が集まりますが、
さすがにここは見付からないでしょう。
来年の夏は、ここに来るとします。

さて、そしてよく寄る溜池でしばし凪を眺めておりました。
b0176111_239097.jpg

今日は、適度に風もあり変化に富む水面の表情は見てて飽きません。

そしてしばらく眺めていると一陣の風と共に、ダムから流れる水が巻き上がり、
そこに現れたものは。。。
b0176111_23113913.jpg

出来たときは、もっとはっきり見えたのですが、とっさにカメラを構えましたが、
ちょっと逃してしまいました。

この時期は、第五八侯の「虹藏不見」(にじかくれてみえず)というほど
日差しも弱くなり、どんより曇りがちな日も多くなる時期なので、
俳句の季語の「冬の虹」のいう言葉の意味同様、この時期珍しいものに
出会ってしまいました。

ちょっと得した気分です。

そんなことを思い出しながら聴いていたのは、
b0176111_23284926.jpg

Char「Sacred Hills/聖なる丘」。
言わずと知れた日本のRockGuitarの神。
カッコイイです。
[PR]
by studio-muddy | 2011-11-24 23:33 | 自 然

雪と紅梅と三寒四温

今日は、雪が降っています。
b0176111_14412843.jpg

先週の暖かさとは打って変わって、また冬将軍の到来。

つい先日、紅梅が咲き始めたのを見つけて、春の到来を予感しておりましたが、
b0176111_1441374.jpg

また冬に逆戻り。

今年の三寒四温は、ギャップが激しい・・・。

本日削る予定にしていた昨日水引きしたものをムロにしまって、
雪に閉じ込められてしまう前にとっとと退散するとします。
[PR]
by studio-muddy | 2011-02-11 14:48 | 自 然

散歩と鹿とPK戦

サッカーアジア大会、日韓戦を観戦しながらの投稿です。
只今、延長前半終了、2-1で日本がリードしてます。

それにしても'93年のドーハの悲劇のころと比べると、さすがに随分スタジアムが
綺麗になっているように思います。

さて、この毎年この時期、次の制作の手立てに悩むことになるのですが、
そういうときは毎度のことで恐縮ですが、相変わらず山を歩きます。

まだ雪の残る渓谷添いの小径を行きます。
b0176111_1143141.jpg

残雪をよく見るといろんな動物の足跡が・・・。
b0176111_1152116.jpg

さらに新しめのものも・・・。
b0176111_116543.jpg



考えを巡らせながらボチボチ歩き、何やらひらめきが降りて来そうな気配。

そんな気配を逃がさないよう、集中しようとすると何かの視線の気配・・・。

その気配の方に目を凝らすと・・・、
b0176111_1163015.jpg

し、鹿だ・・・。
先ほどの足跡の主でしょうか?
今年はなにかと縁があるようです。

最近、ちょっと天敵になっておりましたが、それにしてもやっぱりこうして見ると、
神々しく感じます。
でも、夜の急な飛び出しは、勘弁です・・・。

鹿とともに降りて来た新しい制作のイメージ、さてどう形にしようか?
これからさらに思案のしどころです。

そんなことを書いているうちに日韓戦は、PK戦に。
キーパーの川島、すごい!!

っていってる間に勝ったぁー!!
いやぁ〜〜、いい試合だったなぁ〜。
おぉーー、次は決勝だ!!
[PR]
by studio-muddy | 2011-01-26 01:08 | 自 然

散歩と思考とA Hazy Shade Of Winter

12月も2週目に入り、そろそろリハビリ期間も終わらせて
次の展開を考えなければと思う今日この頃。
b0176111_23381391.jpg

このところよい天気も続いているので、じっくり考えたいときは、
散歩にでかけます。
最近まで紅葉祭りでライトアップなどをされていて賑わっていたくらがり渓谷も
今ではこのありさま。
b0176111_23405767.jpg

あまり人に遭遇することもなく、考えをまとめながらの散歩には
うってつけです。
b0176111_23411232.jpg

川沿いの道をどんどん登って行きます。
b0176111_23413393.jpg

川のせせらぎと鳥の鳴き声と自分の足音しか聞こえてきません。
b0176111_2342479.jpg

見上げればまだ名残の紅葉のトンネル。
b0176111_23421652.jpg

落ち葉の絨毯を踏みしめながら思考を巡らせるのですが、
どうも季節柄、頭の中でSimon & Garfunkel の「A Hazy Shade Of Winter」
(邦題「冬の散歩道」)がグルグル廻ってしょうがない。
b0176111_23422926.jpg

そうこう行ってる間に、いつも折り返し地点にしている翁淵に到着。

なんとなくすっきりした気分と軽くなった頭で、さて・・・、
次の展開・・・、まっ、とりあえずのところは、
このところちょっとないがしろにしていた「使うための器」から
はじめるとしましょう。
[PR]
by studio-muddy | 2010-12-08 00:34 | 自 然

落ち着かない週間と美男葛とAbbey Road

またまた滞っております当ブログ。
別段特別忙しい訳でもないのですが、かといって暇な訳でもなく・・・。


行きたいところややりたいこともあるのですが、今週はなにやら
「落ち着かない週間」なのでありまして・・・。
・・・というのもこのところ約1日おきに短期の非常勤講師の仕事が
入っているのですが、そこも準備などをして落ち着かない日々を過ごしている
わりには、特に記述するようなネタも無く、そして毎日やらねばならない仕事(制作)
がある割には、特に新しいことをするでもなく、今週は、毎日同じような日々を
過ごしているのであります。

非常勤のある日は、昼過ぎには帰宅し、それからは仕事をしたり新しいPCの設定を
しており、何も無い日は工房に到着するとなんとなく居住空間の掃除をし、
そのあと自転車で山を走りに出掛けます。

こんな両脇を針葉樹に囲まれた道をしばらくひたすら行きます。
b0176111_23305857.jpg

ちょっと写真は暗すぎますが、もう少し気持ちの良い道です。

植林された区域を過ぎると木漏れ日あふれる場所になります。
b0176111_23322479.jpg

もうしばらく行くとこの時期は、紅葉がきれいなのです。
b0176111_23351333.jpg

そしてしばらく走るといつも寄り道する絶景ポイント。
b0176111_2340319.jpg

今年もきれいな景色です。
写真には写ってませんが、向こう岸では何やら猟師さんたちが猪をしとめたようで
奥の方で棒に猪を吊って運んでいました。
間違えて撃たれないようにいないと・・・。

そして別の道で帰ってくる途中、青空に銀杏が映えます。
b0176111_2349245.jpg

波山の作品絵付けでお馴染みの美男葛も、もう赤い実をつけています。
b0176111_2350716.jpg

その昔、この実から整髪料を作ったことからこの名が付いたとか。
b0176111_23534152.jpg


そんな約1時間のコースを走り、戻るとコーヒーを入れて仕事に掛かります。
・・・っと今週はそんな落ち着かないわりには代わり映えしない日常なので
ありました。

そんな落ち着かないわりにのんびり過ごしながら聴いているのは、
b0176111_0193428.jpg

たまに無性に聴きたくなるThe Beatles「Abbey Road」。

・・・ん〜、何が書きたかったのやら・・・。ほら〜、書くほどのこともない・・・。
[PR]
by studio-muddy | 2010-11-28 00:27 | 自 然

たわわに実った柿と自分へのご褒美とPhronesis

この辺りでは、おいしそうな柿がたわわに実っています。
b0176111_2294311.jpg

そんなこの時期のごちそうを狙って、かわいらしい訪問者。
b0176111_2210454.jpg

目白が冬にむかって栄養補給してました。

さて、過日の個展までの約半年間、よくがんばった自分にご褒美。
・・・買っちゃった。
b0176111_2210201.jpg

先月ダウンしてしまったG4の代わり。
さすがスペック高い!
まだまだ設定しなければいけないことだらけですが、ちょっと我が家の
IT革命です。

でもずいぶん使えなくなってしまうアプリケーションが・・・。
また少しずつ使えるようにしていかなくては。

さっそく新しいPCで聴いているのは、
b0176111_2226967.jpg

Phronesis「Green Delay」。
ベースが印象的なかっこいいアルバムです。
[PR]
by studio-muddy | 2010-11-16 22:36 | 自 然

再スタートと出遅れた秋探し。

前回の書き込みから1週間。気が付けばもう11月。
またグンと冷え込み、いつの間にやら熱燗の恋しい季節に
なってまいりました。

この1週間、ゆっくり過ごそうと思いきや、個展の会期前に溜めるだけ溜めておいた
所用が忘れていたのも含めて、思っていた以上に溜めていたようで、
結局のところ、そんな所用をこなしながら、合間を縫って大事な
箱書きなどの作業をしていたなんとも落ち着かない1週間。
それらの所用も片付け、作品の共箱も無事納品を済ませました。

しかしそうそうゆっくりもしていられないので、今日からリハビリも含め、
再スタートです。
b0176111_2149617.jpg

まずは、ご注文をいただいた限定企画品。

しかし一度途切れてしまった緊張感のなかでの集中力は持続せず、
午後には、ついつい見逃してきて出遅れた感のある「秋」を見つけに
自転車で散歩(?)に出かけたのでありました。

工房近くにある立派な銀杏の木、
b0176111_21543257.jpg

まだ少し早い感じですが、もうずいぶん色付きはじめていました。
このやわらかい黄色、とても惹かれます。

そして蔦も・・・。
b0176111_21562793.jpg

写真だとわかりませんが、ほんとはも少しきれいな色です。

そしてご近所の畑には、
b0176111_21584925.jpg

唐辛子。赤が鮮烈です。

この辺りは、お茶の栽培も盛んなのですが、
b0176111_220576.jpg

これがその花。本来は咲かせてはいけないそうなんですが、樹齢が経ち、
木が痩せてくると、もう手をあまり掛けないようで、そんな木には花が付いています。
けっこうかわいらしくて好きなんですけどね。

畑の脇には、
b0176111_22105892.jpg

アカマンマこと犬蓼、そして
b0176111_2274064.jpg

尾花。ホント馬の尻尾のようです。

楓もずいぶん紅葉していました。
b0176111_22162894.jpg

自然薯ももう少し経つと零余子を付けてくれそうです。
b0176111_22182647.jpg


やっぱり日本の秋はいいなぁ・・・っと満喫しつつ、でももうすでに冬の入り口。
b0176111_2224720.jpg

見逃してきた多くのことと、食べ損なった旬のものに名残惜しさを感じつつ
帰ってゆくのでありました・・・。
[PR]
by studio-muddy | 2010-11-08 22:48 | 自 然

ミタメハコワイガ、トンダ・・・

まずは、先日の大惨事の余談。
先週の木曜にあの大惨事があり、金曜と土日を挟んで、昨日まで
大工さんを見掛けなかったので、こりゃやっぱりなんかあったんじゃないか?
・・・っと心配していたのもつかの間、どうやらそのままお盆休みに入って
しまったらしい。それならそうと廃材積んで帰られるときに一声掛けて
くだされば・・・。余計な心配しちゃいましたよぉ〜。

さて、ここ何日か台風の影響で降ったり晴れたりの天気。
b0176111_01262.jpg

思うように仕事が捗らず、苛つき気味に送る毎日には、良い塩梅な気温。

晴れ間を狙って気晴らしに工房裏に出てみれば、オクラの花、
b0176111_23595277.jpg

ミントも花を咲かせています。
b0176111_001761.jpg

そしてこのなんともかわいらしい花。
b0176111_004820.jpg

その名も「ヘクソカズラ」という誰が付けたか、なんとも姿に似つかぬ
かわいそうな学名。
b0176111_003413.jpg

その芳香が由来だとか厠の周りにたくさん生えていたとか諸説ありますが、
真意のほどはさだかではありません。


さてさて、先日も少し触れましたが、当工房は約築100年の古い建造物。
そしてその歴史に相応しいヌシが居着いております。
その姿たるや少々おぞましい佇まいなのですが、見た目は恐いが、
なにしろなんともたよりになります。
こやつのお陰で当工房には黒い悪魔ゴキブリがでません。

その名も「アシダカグモ」。足を広げて体長10cmほど。
b0176111_23593740.jpg

歩行中足音が聞こえるほどの迫力。
突然の遭遇には多少面食らいますが、「毎日ごくろうさん」とねぎらいの言葉を
掛けて大切に敬っております。

思わず悲鳴をあげてしまった皆様、どうかご容赦ください。
でも、上写真でこの時期、少しでも涼を味わっていただければ幸いに存じます。
[PR]
by studio-muddy | 2010-08-12 00:46 | 自 然

今日から8月、なのに半夏生

先日焼成した窯、無事にすべての作品を取ることが出来、
今秋の個展の限定企画モノの試作も先方からGOサインをいただき、
免許の書き換えも終えて、とりあえずのところは少しだけホッとひといき。

今日から8月。第1日曜の今日は地元の夏祭り。
御神輿や山車も出て、けっこう賑やかです。
この辺りは天筒花火が盛んだったりします。

とりあえず、ホッとしたので今日は少し夕涼みに喧噪を離れて静かな池端へ。
b0176111_23191070.jpg

水のせせらぎとヒグラシとホトトギスの鳴き声しか聞こえてきません。
b0176111_23185237.jpg

そして最近では珍しいものを見つけました。
b0176111_23183757.jpg

半夏生。
夏至から11日目の頃に(七二節句から)花を咲かすからとも、葉の半分が
白くなった様子が化粧をしているよう(半化粧)だからこの名がついたのだとか。
夏至から11日目というとちょうど1ヶ月遅れといったところでしょうか。
b0176111_23181286.jpg

なんとも不思議な風情の植物。
運良く、自生場所を発見です。
ちょっと得した気分。
[PR]
by studio-muddy | 2010-08-01 23:46 | 自 然


陶芸の話、日々の出来事やその他モロモロ・・・
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧